旭区鶴ヶ峰の接骨院 腰痛・膝痛・交通事故・美容整体で評判のゆげ接骨院

ゆげ接骨院美容ブログ

○○の冷え解消法~温かくする方法~【旭区鶴ヶ峰】

2017年12月22日

こんにちは。

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です(*^-^*)

 

 

お尻は冷やさない方がいい!!ということは

前回までのお話でわかっていただけたかと思います。

では、どうすればよいのか??

 

 

外部から温める

ひざ掛け

1番簡単なのは外側からお尻を温めること!!

寒い時期には積極的に体を温めるのですが、夏は暑いため

冷房などでお尻の冷えが悪化しやすい状態になっています。

 

夏でもお尻を冷やさないようにするためにオススメなのは

腹巻(*^^*)

腹巻はお腹だけを温める印象がありますが、これをお尻の

方まで伸ばして使うだけで温まり方は違います。

 

デスクワークの人は、ブランケットで腰から下を温めたり

冷房が強い職場では、小さめの湯たんぽを椅子と腰の間に

置くだけでもお尻が温まります。

湯たんぽが難しい方は、使い捨てカイロを仙骨部分に

貼るのも効果的!!

仙骨

お風呂はお尻を温めるのに最適。

忙しいときや暑い時期はシャワーで済ませていませんか?

38~40℃のお湯に20分程度入るだけでお尻は温まります。

ゆっくりとお風呂に入ることで、冷え解消だけでなく、

リラックス効果も高まり、ストレス発散にもなります。

 

 

軽い運動でお尻や下半身を動かす

 

ジム

 

お尻をピンポイントで動かすの難しい...

下半身を動かす運動を取り入れるようにしてみましょう!

 

ジョギングなど激しいものではなく、軽い運動でもお尻を

動かせば血流はよくなります。

 

ウォーキング

踏み台昇降

 

踏み台昇降の高さは10~30センチくらいでOK!

太ももをしっかりと上げて行えば、さらにお尻や太ももを

動かすので血流アップにつながります。

 

踏み台の高さが上がれば、お尻の筋肉への負荷がかかり効果は

アップしますが、足への負担も大きくなるので自分に合った

高さで行なうようにしましょう!!

 

 

体の中から温める

~体を温める食品の活用~

白湯

お尻も胃腸と同じように、体の中から温める食べ物で温める

ことができます。特に夏は、ついつい冷たい物を摂り過ぎて

しまいますが、これは冷えにつながります。

 

飲み物も毎回冷たいものを飲むのではなく、常温や温かい

飲み物も摂り入れることで状態はかなり変わります。

 

また、生姜や唐辛子を料理に少し摂り入れるだけでも体が

温まるので、積極的に摂り入れましょう!!

 

 

しっかりとお尻を温めて、

冷えも体の悩みも解消!!

お尻

まずは自分のお尻を触ってみてください!!

思っている以上に冷たくなっていることも...

ぜひぜひチャレンジしてみてください(≧▽≦)

温めるだけで女性特有の悩みが緩和されることも。

 

冬だけでなく夏にも注意ですよ!!

 

 

ゆげ接骨院

/ホームページ

 

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-12-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

 

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00

日祝  休診

 

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

スタッフブログ

    RSS Feed Widget

美容ブログ

ゆげ接骨院の口コミをもっと見る


ゆげ接骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン
TOPへ戻る