旭区鶴ヶ峰の接骨院 腰痛・膝痛・交通事故・美容整体で評判のゆげ接骨院

ゆげ接骨院美容ブログ

『活性酸素を減らす方法とは??パート7』

2017年05月27日

こんにちは♪( ´▽`)
旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です‼︎

 
今回は5/20の続きで

 

活性酸素を減らす方法

 
1《食生活の見直し》

2《適度な運動》

3《睡眠の質を高める》

4《ストレスをためない》

 

の中から

 

 

3《睡眠の質を高める》

 

ために日々できる
Pointについて、お話していきます‼️

 
●決まった時間に起き、
朝日を浴び、朝食をしっかりとる。

 
●寝る時間を決めて、
毎日決まった時間に就寝する。

 
●夕飯は寝る3時間前までに済ませておく。

 
●入浴は寝る1~2時間前に済ませるのが理想。

 
●寝る1~2時間前くらいに
ストレッチなど心地よく深い呼吸を取り入れる。

 

 

●寝る1時間前から照明を暗くし、
読書をしたり、音楽を聴く、瞑想するなど
リラックスタイムを設ける。

 

(睡眠を誘発するホルモン
「メラトニン」の分泌を促進する
指示を出すのは脳です。

脳は体内時計によって、その頃合いを計ります。

体内時計は、無意識のうち正しい時刻に調節されています。
この体内時計調節に大きな役割を担っているのが、周囲の明るさです。

日が暮れたら、室内の照明は必要以上に明るくしないよう注意しましょう。

間接照明を使えば、
からだに「もう寝る時刻が近いですよ」と知らせることができます。)

 

 

 

●寝る直前までスマホやパソコンの画面を見ない。
特に暗い室内で見るのはNG。

 

(電子画面からの視覚刺激は眠ってからも脳に残り、安眠を妨げます。

仕事や雑念から離れることも重要です。)

 

 

●アルコールやカフェインのある飲み物は、寝る3時間前までに。

 
(よく眠るために寝酒をしている方も
いるかもしれません。

飲酒直後、急激に体温が下がり、
人は体温が下がると眠くなります。

このようにアルコールには入眠作用がありますが、
アルコールは3時間ほど経つと分解され、
睡眠を妨げる物質へと変わります。
つまり、寝酒が不眠に効くというのは錯覚なのです。
入眠には効いても、浅い眠りを誘発し
熟睡を阻害してしまいます。
アルコールの分解時間から逆算して、飲酒は入眠の3時間以上前までに終えるよう注意しましょう。)

 

 

●昼寝をする場合は、20~30分程度にし、寝過ぎないようにする。

 
●睡眠時間が短いことをあまり気にしない。

 

 

まずは、
できそうなPointからでもいいので
1つずつ見直して
日々の睡眠の質を向上できると良いですね‼︎

 

 

本日も、良く晴れて

暑くなってきてますが、

寝冷えにも注意して、風邪などひかないよう

に、お過ごしください☆

 

 

次回は、

4《ストレスをためない》

について、お話していきます‼️

 

ゆげ接骨院/ホームページ

 

Facebook

Facebook旭区美容整体(ゆげ接骨院)
〒241-0022
横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号
TEL/FAX 045-489-9710
≪診療時間≫
月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30
土   午前9:00~14:00

日・祝    休診
 

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

美容ブログ

HOME

施術メニュー

ゆげ接骨院について

施術メニュー

ゆげ接骨院について

旭区美容整体

交通事故での怪我・リハビリ

  • むちうち症
  • 手足のしびれ
  • めまい・吐き気
  • 交通事故による腰痛
  • 脳脊髄減少症
  • 頚椎捻挫・ストレートネック
  • 病院と接骨院の違い
  • 助手席の事故
  • 交通事故の慰謝料

より詳しい情報は

旭区むちうち交通事故治療

ゆげ接骨院について

ゆげ接骨院end

スタッフブログ

    RSS Feed Widget

求人募集

ゆげ接骨院の口コミをもっと見る


ゆげ接骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン

TOPへ戻る