旭区鶴ヶ峰の接骨院 腰痛・膝痛・交通事故・美容整体で評判のゆげ接骨院

ゆげ接骨院美容ブログ

暑くても体は冷えている?( ゚Д゚)③【旭区鶴ヶ峰】

2017年07月18日

こんにちは。

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です(*^▽^*)

 

 

週末とは打って変わって先程から嵐ですね((+_+))

雷もかなりすごいですね💦

皆様、お帰りの際など充分にご注意下さいね!!

 

 

 

 

「夏の冷えの原因」

「夏の冷えによるトラブル」

 

お伝えしてきましたが、対応策がありますので

ご安心ください(*^-^*)

 

冷え撃退!!

夏の冷えから体を守る( `ー´)ノ

 

ちょっとした工夫で冷えを防ぐことができるので、

夏に体調を崩すやすい方はぜひ試してみてください!!

 

 

1.首、お腹、足首を冷やさない

 

冷やしてはいけないツボ...

お腹写真

・首       

・お腹

・足首

 

首を温めることで首周辺の血流がよくなり、肩こりや

首のこりからくる自律神経の乱れを予防できます。

お腹を冷やさないのは内臓の温度を保つため。

 

下半身は重力に逆らって血流が流れるので冷えていないときでも

血行が悪くなりやすい部分...足首を温めると血流が温まって

血流の流れをよくでき、

むくみ予防や改善にもオススメ(*^^)v

 

可愛いサンダルやミュールを履きたくなると思いますが、

出来るかぎり、靴下を履いて過ごすことが理想です。

 

 

2.上着を必ず持ち歩く

 

電車やお店などで、「寒い」と感じたときには、

薄手のカーディガンやストールを羽織るだけでも

冷えを防ぐことができます。

カーディガン

最近は薄くてシワがつきにくい素材のものも多いので、

かさばらないものを選んで手軽な冷え対策に上着を

持ち歩いてみてはいかがでしょう?

「寒い」と感じたら、我慢せずに羽織るようにしましょう。

 

3.締め付けられない服や下着を選ぶ

 

手首をギューッと強く握ると血流が悪くなって指先が紫に変色しますよね?

体を締め付けるようなキツイ服を着ていると、これと同じように血流が

妨げられて体が冷えてしまいます。

下着

ウエストがキツイ服を避けるのはもちろん、ブラジャーによる締め付けも

体を冷やす原因になります。冷え予防をするには窮屈に感じない服を

選びましょう。

 

 

4.ベストは常温の水

 

夏に水分補給をこまめにするのはもちろんいいことですが、

飲み物の内容や温度には気をつけていますか?

冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、冷えているときは

なるべく常温か温かいものを選びましょう。

また、砂糖カフェインが含まれた飲み物はできるだけ

避けましょう。

 

砂糖が体を冷やす理由

砂糖は血糖値を急激に上下させて体温を下げやすく、血流を

悪くする原因になります。

また、夏だからとスポーツドリンクばかり飲んでいると

糖分と塩分の摂り過ぎになってしまいます。スポーツドリンクは

意外とカロリーも高く、ダイエットのジャマにもなるので

ほどほどに。

 

カフェインが体を冷やす理由

カフェインには血管収縮作用があり、血流を悪くします。

また、利尿作用があるため水分補給のために飲んでも

すぐに水分が出てしまいます。

 

コップ1杯程度なら問題ありませんが、水の代わりに飲むようだと

カフェインの摂り過ぎ...

カフェインはコーヒー以外にも緑茶、紅茶、炭酸飲料などにも

含まれているので、ご注意ください。

水

 

水分補給には、『常温の水』がベストです!!

水以外ならシュガーレスでノンカフェインのものを

選ぶのがオススメ💖

 

 

5.浴槽で温まる

 

夏はシャワーのみという方も多いのでは?

浴槽に浸かると全身をまんべんなく温めることができます。

毎日でなくてもよいので、なるべく湯に浸かるように!!

入浴

 

6.お肉、お魚、豆類を摂る

 

熱をつくりだすのに欠かせないのが、お肉、お魚、豆類に含まれる

タンパク質です。ダイエット中だからとタンパク質を制限していると

体が冷えやすくなってしまいます

お肉やお魚の脂質が気になるなら低脂質で高タンパク質の豆類を

多く摂ることをオススメします。

肉魚豆

ただし、夏バテであまり食欲がない、油っこいものはもたれると

いう場合は無理をせず体調にあった食事にしてくださいね!!

 

 

7.寝るときはエアコンや扇風機をつけっぱなしにしない

 

暑くて寝苦しいときはエアコンや扇風機をつけっぱなしで寝たくなりますが、

一晩中つけているのはちょっぴり問題です。

寝る

 

エアコンの冷たい風が直接当たっていると体が冷えて低体温になったり、

肌の表面の水分や汗が蒸発して脱水症状になる危険性が...((+_+))

 

寝苦しさを感じるほど暑い日はエアコンをつけるのが正しい過ごし方ですが、

タイマーでエアコンがオフになるよう設定しておきましょう!!

 

 

冷えや暑さの対策は

ご自身の体の状態に合わせて!

 

夏の冷えの原因から対処法までご紹介しましたが、最後に一つだけ

注意してほしいこと...

それは「自分の体の状態に合わせて調整する」こと!!

 

手足や内臓の冷えを感じているときは積極的に温かい食べ物や服装を

取り入れるべきですが、体に熱がこもっていたり、ほてりでクラクラする

ようなときは冷えの心配より熱中症を疑い、対策を取ってください。

 

自分の体が冷えているか、冷えやすい環境にあるかよく考えて、

体調に合わせた対応をしてくださいね(=゚ω゚)ノ

日差し

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

 

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

 

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00 (休憩なし)

日祝 休診

 

 

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

美容ブログ

HOME

施術メニュー

ゆげ接骨院について

施術メニュー

ゆげ接骨院について

旭区美容整体

交通事故での怪我・リハビリ

  • むちうち症
  • 手足のしびれ
  • めまい・吐き気
  • 交通事故による腰痛
  • 脳脊髄減少症
  • 頚椎捻挫・ストレートネック
  • 病院と接骨院の違い
  • 助手席の事故
  • 交通事故の慰謝料

より詳しい情報は

旭区むちうち交通事故治療

ゆげ接骨院について

ゆげ接骨院end

スタッフブログ

    RSS Feed Widget

求人募集

ゆげ接骨院の口コミをもっと見る


ゆげ接骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン

TOPへ戻る