旭区鶴ヶ峰の接骨院 腰痛・膝痛・交通事故・美容整体で評判のゆげ接骨院

ゆげ接骨院美容ブログ

秋バテの原因(´゚д゚`)【旭区鶴ヶ峰】

2017年08月16日

こんにちは。

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です(*^▽^*)

 

本日も雨・・・肌寒いですね💦

体調など崩されないようにご注意くださいね!!

 

 

前回、『秋バテの症状』について

お話いたしましたが、今回は

『原因と対策』についてお話していきます!!

 

 

秋バテの原因

=身体に溜まった夏の負債+気候の変化

 

秋バテの主な原因...

 

夏の疲れ

夏の間にクセがついた生活習慣

秋口の、日中と夜との寒暖差

気圧の変動

 

といったものです。

もう少し詳しくみていきましょう!!

 

 

原因1:芯から冷え切ってしまった身体

 

夏に欠かせないエアコン。クーラーの上手な活用は

熱中症予防のために大事なことです。

しかし、冷房で冷えすぎていると感じることはありませんか?

 

キンキンに冷えた室内であなたの身体は冷え切っています(>_<)

たとえばシャワーを浴びたときに、温かさにほっとするようなら

芯から冷えてる証拠です。

 

身体はまずは外側から冷やされます。

 

また、夏の風物詩である

 

アイス、麦茶、ビール etc…

 

冷たい飲み物。凍ったものや冷たいものは、

胃の温度を急激に下げます。

ビール

さらに

 

きゅうり、スイカ、ゴーヤ etc…

 

夏野菜も身体を冷やす食べ物です。

(※美味しくて栄養たっぷりでもあります。)

食べ物で、身体は内側からも急激に冷えて行きます。

夏野菜

 

 

外側からも内側からも冷え切ってしまう夏の身体。

冷えで血流が悪くなり、胃腸や脳の機能もぐっと低下します。

また、冷えると全身の筋肉も固くなりがち...

身体を動かしづらくなるので、疲れやだるさを感じやすく

運動の機会も減ります。

ケガもしやすくなり、動かさないので更に冷えて固まる一方...

 

冷えは悪循環を起こします💦

 

 

原因2:夏に乱れた生活習慣

 

 

生活習慣の乱れも、秋バテの原因のひとつ。

 

特に食生活と睡眠習慣の乱れは、秋バテに大きく影響してきます。

食生活を乱すのは

 

冷たいもの、さっぱりしたものばかりの食事

食欲不振による食事のリズムの乱れ(一食抜いてしまうなど)

ビールと唐揚げなど、胃腸に負担がかかる組み合わせ

ウナギなどのスタミナ料理

 

夏に典型的な食事に多いです。

うなぎ

冷たいものが胃を冷やし、油物やスタミナ料理が胃腸に大きな

負担をかけます💦

特に、胃腸がバテ気味なときに「精がつくから」とスタミナ料理を

食べてしまうのは、本当はあまりよくありません。

スタミナ料理は元気なときに、体力を維持するために食べるのが

本来の知恵です。

バテ気味のときには、むしろ消化によく胃に優しいものを

食べるように心がけましょう。

 

また、食事時間が不規則になるのも負担のもと。食事はできるだけ

三食、バランスよく食べるようにしましょう!!

 

冷たいもの、スタミナ食材も食べてはいけないわけではなく、

立て続けにそればかり食べるのはよくないというだけです。

 

「アイスを食べたら温かいお茶を飲む」「ウナギの次の食事は消化の

よいものにする」など、気をつけながら楽しむのがオススメ。

 

 

原因3:気候の変化 ~寒暖差~

 

夏バテ・秋バテともに、だるくなるのは厳密に言うと暑さが

原因ではありません。

身体がバテてしまうのは「クーラーの効いた室内」と「猛暑の屋外」を

行き来することによる温度差...

この温度差により、自律神経が乱れることが原因なのです。

 

そもそも自律神経とは・・・

 

緊張と興奮を司る「交感神経」

弛緩とリラックスを司る「副交感神経」

 

この2つがお互いに働きかけ合い、バランスをとりながら

保たれているもの。

人は恒温動物なので、体温を一定に保つ必要がありますが、

自律神経は、そのための体温調節も行なってくれるのです

 

「暑いときは交感神経が活発になって、血管を拡げ熱を放出し、体温を下げる」

「寒いときは副交感神経が活発になって、血管を収縮させ熱を閉じ込め、体温を下げる」

 

これが自律神経の正常な働き。

ですが、寒暖差が激しい場所を行ったり来たりしていると、

急激な変化に対応しきれず混乱し、バランスを崩してしまいます。

 

自律神経のバランスは「5℃以上の温度差がある場所を繰り返し

出入りすること」によって崩れると言われています。

 

朝晩の寒暖差が激しい秋。日中は30℃を超え、夜は20℃以下まで

下がる...こういった環境におかれることで自律神経が乱れて

不調を引き起こすのです(*_*;

 

 

原因4:気候の変化 ~低気圧~

 

気圧

 

秋の気候の大きな変化は、もうひとつ。

 

『低気圧』

 

おおまかに天気がいいときは高気圧、雨など天気が悪いときは

低気圧になると思ってください。

 

台風の到来や秋の長雨など、秋は天気の乱れが激しい季節です。

天気が乱れるということは、気圧にも乱れが生じます。

 

気圧が低い=酸素が薄い状態。

低気圧のときは「自分は今高山で山登りをしている」という

イメージを持ってみてください。

 

酸素が薄いと呼吸が浅くなります。喘ぐような浅い呼吸は

自律神経を乱すもと。

また、全身に必要な酸素が行き渡らないので、指先などの

末端が冷え、内臓機能が低下します。

 

食欲不振や頭痛などを引き起こします。

 

 

本日で対策までと思っていたのですが、長くなってしまったので、

対策は次回に(^^♪

 

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

 

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

 

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

美容ブログ

HOME

施術メニュー

ゆげ接骨院について

施術メニュー

ゆげ接骨院について

旭区美容整体

交通事故での怪我・リハビリ

  • むちうち症
  • 手足のしびれ
  • めまい・吐き気
  • 交通事故による腰痛
  • 脳脊髄減少症
  • 頚椎捻挫・ストレートネック
  • 病院と接骨院の違い
  • 助手席の事故
  • 交通事故の慰謝料

より詳しい情報は

旭区むちうち交通事故治療

ゆげ接骨院について

ゆげ接骨院end

スタッフブログ

    RSS Feed Widget

求人募集

ゆげ接骨院の口コミをもっと見る


ゆげ接骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン

TOPへ戻る