こんにちは!

鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!

 

 

膝(ひざ)は日常生活で常に使われています!

歩いていても、階段を昇っていても

自転車に乗っていても常に使われています。

 

そして膝の痛み、けがは年齢関係なく多くの方が持っている悩みだと思います。

しかし、膝の動きに関わる筋肉がどれだけあって

どのような働きで動いているかはわからない方が多いと思います。

 

fa8c98f422310bba9fcf2c0a9a8408b5_m

そこで本日はそんなひざについて

1、膝関節に関わる筋肉とは!?

2、膝にとっての筋肉の重要性!!

3、膝の筋肉のストレッチ方法(もも前の筋肉)

をお伝えしてきたいと思います!

 

 

<1、膝関節に関わる筋肉>

膝(ひざ)関節はももの大腿骨という骨と膝下の脛骨

という骨、そしてお皿(膝蓋骨)によって構成されています。

そして脛骨の外側には細い骨である腓骨という骨があります。

ひざ関節の運動に関与する筋肉の大部分は

2関節筋と言われ、膝だけでなくひざの上下に位置する

股関節や足関節の運動に関係しています。

そして、13個もの筋肉が膝関節の動きに関係しています!

 

801224

<13個のひざの動きに関わる筋肉>

大腿直筋、内側広筋、中間広筋、外側広筋、大腿筋膜張筋、

縫工筋、大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋、薄筋、膝窩筋、

腓腹筋、足底筋

 

 

<2、膝にとっての筋肉の重要性!!>

ひざ関節は蝶番関節(ちょうつがい)と言い1方向の動きしか持ちません!

その動きが「屈伸動作」になります!

先ほど上げた13個の筋肉がそれぞれ協調して働くことで

膝の動きをスムーズにする事ができます!

しかし、股関節や足関節のような周りの関節の動きが制限されると、

この協調性がなくなると、動きがスムーズでなくなり、

さらに骨が歪んだりしてしまいます。

その結果、膝が本来の動きでない捻りやねじれが必要になり

痛みが出てきてしまいます。

 

なので、これらの膝に関与するすべての筋肉が

膝の動きの安定性に、そしてケガを防ぐために

非常に重要になるという事です!!

 

本日はそんな中でも非常に硬くなりやすい筋肉の一つである

脚の後面の筋肉であるハムストリングスに注目したいと思います!!

ハムストリングスとは大腿二頭筋、半腱様筋、そして半膜様筋の

3つの筋肉の総称の事を指します!!

 

<ハムストリングス>

0750大腿二頭筋N0740半腱様筋N0730半膜様筋N

(大腿二頭筋) (半腱様筋)  (半膜様筋)

 

ハムストリングスが硬くなると

膝が伸びきらなくなってしまって

歩いている時も常にひざが曲がった状態になってしまいます。

本来、理想的な歩行は地面に足が付くときは

膝が伸びた状態になります。伸びた状態でつくことで

骨でカラダ体重を支える事ができるので最低限の筋力で

歩く事ができます。

しかし、ハムストリングスが硬く固まって

膝が伸びきらない状態で歩いていると

脚をついたときに筋肉で体重や負荷を

すべて支えなければいけなくなり

膝の動きに関わる筋肉がさらに硬く

なりうまく協調してスムーズな動きが

できなくなり痛みにつながってしまいます。

 

つまり、ハムストリングス柔軟性を保つことは

膝の痛みを出さないためにも非常に重要であるという事です!!

 

そこで、本日はそんな「ハムストリング」のストレッチ方法を

お伝えしていきたいと思います!!

 

 

<3、膝の筋肉のストレッチ方法!!>

~ハムストリングスのストレッチ~

ハムストリングスは膝を曲げる筋肉であり

脚の後面についています。

ストレッは基本的にはその筋肉の働きと

逆の方向へ持っていく事で行う事ができます。

 

(やり方)

~基本的なストレッチ方法~

1、バスタオルを準備します。

2、長座の体勢で座ります。

3、バスタオルを伸ばしたい方の足の裏に

  掛け両手でバスタオルを持ちます

4、そこから手でバスタオルをつかんだまま仰向けに

  なるように後ろへ倒れこみます

5、膝をなるべく伸ばした状態のまま手でタオルを

  手前(カラダの方)に引きましょう

・ももうらが伸びている感覚があれば正解です。

6、そこで20秒間深呼吸しながらキープします

(ポイント)

・痛いと感じるのはひきつけすぎです!!

 ストレッチは気持ちよいぐらいの強さで行いましょう!!

・ストレッチ中は深呼吸!息は止めないでください!

・揺らさずに反動を付けずに行いましょう!!

 

(応用編)

~より筋肉を分けてストレッチをしたい場合~

大腿二頭筋:脚裏の外側を伸ばしたい場合は

基本のストレッチの姿勢から

タオルをかけている足と反対側の手でタオルを持ち

脚が反対側の肩の方へ行くように引っ張ります!

 

半腱様筋・半膜様筋:脚の内側を伸ばしたい場合は

基本のストレッチの姿勢から

タオルをかけている側の手でタオルを持ち

脚を開くようにしてタオルを引いていきましょう!

 

膝の負担を増やさないためにも

是非このハムストリングスのストレッチを行って

ケガをする前に予防してみてください!!

 

8e30fb1535e71794437d02d8381cb8ae_s

鶴ヶ峰のゆげ接骨院では

カラダのメンテナンスのためのメニューである

「ヘルスメンテ」というシステムがあります!

痛みはないけど将来が不安な方….

ケガをしない体づくりをしたい方…

などは是非ゆげ接骨院までご相談ください!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-----------------------------------

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です