こんにちは!

鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

 

膝が痛い……

腰が痛い……

肘が痛い….

などの理由で多くの方がサポーターを使っていると思います!

しかし、サポーターの効果を、やる意味を知っていますか!?

 

そのメリット、デメリット、

そして使うべき場面と使わない方が良い場面

を知る事は非常に大切になります!!

238848

本日はそんなサポーターについて

1、膝のサポーターの効果は!?

2、膝のサポーターを使用するときの目安!?

をお伝えしていきたいと思います!!

 

 

<1、サポーターの効果>

サポーターを付ける最大のメリットは保護している所を

圧迫して動きの制御をして、かかる負担を減らすことです。

fffcdbc7875388180a1d4a63f7b12fd4_s

変形性膝関節症や重度の膝の痛みなどでは、

その周囲の筋肉の緊張だけでなく

周りの組織が炎症を起こしている可能性が高くあります。

炎症は近くの神経を興奮させ、感覚を過敏にさせてしまいます。

炎症によって感覚が過敏になった膝は、少し動かしたりしただけで

痛みが発生したり負担を感じやすくなってしまうんです。

この炎症の状態で動き続けていると、痛みが引かないばかりか

炎症が増悪してしまう可能性も出てきます。

 

そこでサポーターを使い、膝の動きを保護して、

「動かしにくく」する事によって動きによる負担を減らし

炎症を早期に軽減する事が可能になります。

 

 

<2、サポーターを付けるべきかの目安>

 040de38b0422b5044b0cdf082ff9a124_s

 

サポーターの効果は

逆に言えば本来の膝の動きを邪魔しているという事です。

少し動かしただけでも痛みが発生する様な重症例であれば、

サポーターの効果が高い事も多いと思います。しかし、ある程度改

善した膝の症状なのであれば、「正常な動きを邪魔する」存在のサ

ポーターは症状の改善を遅らせてしまう事も珍しくありません。

つまり、重症であればサポーターは効果は高いけども、回復期、

もしくは軽症なのであればサポーターは逆に改善の邪魔になる可能

性もあるという事です。

 

そして実際の判断基準としては

・実際にサポーターをつけてみて、

安心だ、楽だと感じたのであればつける。

・実際にサポーターをつけてみて、

邪魔だ、しんどい、意味ないと感じたのであればつけない。

 

その人にとって負担や良くない刺激は、

なんとなく体が感じ取っています。

サポーターが楽だと感じれば、その人にとっては良い行為でしょう。

サポーターが邪魔だと感じるのであれば、その人にとっては良い行

為とは言えないと思います。実際に痛みが強い重症例の人でも、

初はサポーターがないと痛くてまともに動けなかったのに、症状が

改善していくとサポーターを着けていると逆にしんどくなるといっ

た人もよくおられます。サポーターはその人との相性もありますし

症状の重症度によっても楽かどうかが異なります。

もしあなたがサポーターをつけるべきかどうかで悩んでいるので

あれば、実際につけてみてその感想で判断して下さい。

 

<サポーターを使う上で知っておくべきこと!!>

~サポーターは決して、その膝を治してくれているわけではない~

 

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

 

サポータを使う上でただ一つ覚えていてほしい事があります!!

サポーターを補助として使うとわかっていて使う事と

サポーターをしていれば治ると思って行う事は大きな違いがあります。

 

サポーターをする事で痛みの軽減につながる事もあります、

しかし、それは、そのサポーターが補助しているからであり

治ったわけではありません!

根本的に痛みを治すためには

治療が必要です!!

このことをしっかりと理解したうえでサポーターをお使いください!!

 

 

-----------------------------------

鶴ヶ峰のゆげ接骨院では、

検査を基に痛みの原因を探し根本の改善を行っていきます!

痛みを取って自分の好きなことをしたいと

望む方は是非、お越しください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-----------------------------------

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です