こんにちは

鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

  

四十肩・五十肩

肩の脱臼

投球障害など

肩の痛みやけがは

一般の方、アスリート関係なく

多くの人が抱える悩みになります!

9da19c2968c331cee9ced75fc366a398_s

本日は

肩のインナーマッスルとは何か!?

インナーマッスルの働きとは何か!?

をお伝えしていきたいと思います!!

 

 

<肩のインナーマッスルって何!?>

アウターマッスルとインナーマッスルの違いは!?

アウターマッスルは体の表面の大きな筋肉を指します。

インナーマッスルとはより深層にある小さい筋肉を示します。

 

アウターマッスルの働きは力強い力を発揮し動作を起こす事です。

インナーマッスルは関節の安定性を作る筋肉です。

肩の関節は球体がソケットにはまる形で出来ています。

しかし、球体が大きくソケットが小さいので非常に不安定な

関節になります。そこでアウターの筋肉だけが働いてしまうと

球体がうまくソケットに収まらずに動いてしまいます。

このままでは関節周りの靭帯や関節包といった

軟部組織に損傷をあたえ、

ひどくなると脱臼、亜脱臼を起こしかねません。

そこで肩のインナーマッスルであるローテーター・カフが働き

球体(上腕骨)をソケット(肩甲骨のお皿)にしっかり引き寄せ、

安定した動きを可能にしています。

 

 

<肩の4つのインナーマッスル:ローテーター・カフ>

<棘上筋>

0070棘上筋N

<棘下筋>

0080棘下筋N

<小円筋>

0060小円筋N

<肩甲下筋>

0090肩甲下筋N

 これらの肩甲骨から上腕骨(腕の骨)についている4つの筋肉が

肩の運動時の安定性に非常に重要になります!!

 

<肩のインナーマッスル(腱板)の機能>

肩の4つのインナーマッスルの役割を具体的に上げるとこれらの4つになります!!

1、スタビライザーの機能

肩関節の挙上の際に、肩のインナーマッスルが

上腕骨をソケットにひきつけ固定させることで

三角筋の均質力を効率よく使えるようにする。

 

2、関節包内運動を制御する機能

肩関節を挙上する際、上腕骨が内・外旋して、

上腕骨大結節は烏口肩峰靭帯の下を通過する構造になっています。

その時に、ローテーターカフにより上腕骨骨頭は

関節窩に対して少し下方に引き下げられ、

円滑な挙上動作を助けるといわれています。

 

3、回旋運動の機能

小円筋・棘下筋は外旋として、肩甲下筋は内旋筋として働く。

つまり回旋の動作の役割があります。

 

4、関節包や靱帯の補強機能

肩関節の静的安定性は靱帯や関節包によって保たれています。

そしてインナーマッスルはその関節包を補強し、補助的な靭帯の役割を果たす

 

 

 

<まとめ>

・肩のインナーマッスルである

 ロテーターカフは一つ一つは小さい筋肉であるが

 肩の運動時の安定性に強く関わってきます。

 また、このローテーターカフが働かないと

 関節のおさまりが悪くなり肩を上げたりする時に

 うまく関節が働かずに筋肉が骨と骨に挟まれたり

 骨同士が当たったりして痛みやけがの原因になってしまう!

 

つまり

肩のインナーマッスルは非常に重要であるということです!!

 

 

 

 

------------------------------

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です