こんにちは!

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

596420

前回の記事では

「ばね指」とは何か!?

お伝えしていきました!!

そのばね指を未然に防ぐためにも!!

普段の腕・手の疲労感を残さないためにも!!

自分の体を自分でケアする事は

非常に重要になります!!

 

そこで、今回は

手・腕のストレッチ方法!

お伝えしていきたいと思います!!!

 

 

<ばね指予防のためのストレッチ!!>

前回の記事でもお伝えしましたが

ばね指になる主な原因としては

手の使い過ぎによる摩擦の発生で

その患部が腫れて肥厚して

炎症が起きてしまうという事をお伝えしました!!

 

つまり、逆に言えば

その摩擦が起きる可能性を減らす事ができれば

ばね指を未然に防ぐことができ、予防する事ができます!!

 

そこで、今回はその疲労を緩和させるためのストレッチを

いくつかご紹介していきたいと思います!!

 

1、浅指・深指屈筋のストレッチ

0320深指屈筋0310浅指屈筋

肘の付近の骨から指先までついている筋肉で主に

指を曲げる動作で使われます!!

つまり、この筋肉が疲労し硬くなると

指を伸ばしにくくなるという事です!!

 

ストレッチ方法①

~手指のストレッチ~

1、体の前で両手のすべての指先を合わせます。

2、合わせた指先が天井の方を向くようにしてます。

3、両手の合わせた指先を押し付け合う。

4、痛気持ちいぐらいの強さで行いましょう!

5、深呼吸しながら20秒ほどキープします!

 

(ストレッチ方法②)

~指から手首にかけてのストレッチ~

1、伸ばしたい方の肘を90度ぐらいまげて

  椅子のひじ掛けや低いテーブルの上に置きましょう。

2、曲げた肘の指先が前の方に向くようにします。

3、反対の手で親指以外の指をつかみ

  指先が床に向く方向に押していきます。

4、手首から手のひらぐらいまでが伸びていれば

  オッケーです!!

5、深呼吸しながら20秒ほどキープします!

 

 

2、長掌筋のストレッチ

0260長掌筋

肘の付近の骨から手掌腱膜という手のひらにある腱膜についています。

この筋は手を握ったり、重い物を持ったりした時に、

手掌腱膜の下にある血管や神経を保護する役目をも果たしています。

つまり、手を使う事が多い方の場合は、

この保護作用を常に使わなければいけなくなってしまうので

疲労しやすくなってしまうという事です!!

 

(ストレッチ方法①)

~四つん這いでの腕のストレッチ~

1、四つん這いになります。

2、前腕を前方に向けて両手の指先は脚の方に向ける

3、ゆっくりと後方へ移動していく

4、手首から前腕にかけてストレッチを感じればオッケーです!!

5、深呼吸しながら20秒ほど行いましょう!!

 

(ストレッチ方法②)

~手指を下に向ける前腕のストレッチ~

1、親指以外の指を反対の手でつかみます。

2、その肘を体の前の方に伸ばしていきます。

3、もう片方の手で手指を体の方へ引っ張ります。

4、深呼吸しながら20秒ほど行いましょう!!

 

 

<まとめ>

5e9787a56362e4e74572cf935525012f_s

今日お伝えしたほかにも

手首や指を伸ばすストレッチはたくさんあります!!

自分の続けやすい方法を選んで

日ごろから疲労を残さないように注意しましょう!!

今日ご紹介したものをす

べてやってくださいというわけではありません!!

 

全て挑戦してみて

これなら続けられるっていうものを探してみください!

理想は長掌筋と浅指・深指屈筋のストレッチを

ひとつずつ取り入れて行うと疲労を残しにくくなります!!

 

次回の記事ではばね指予防のための

トレーニング方法についてお伝えしていきたいと思いますので

是非、そちらもお読みください!

 

 

バネ指についてもっと詳しく知りたい方は

こちら「ばね指とは何!?」も是非お読みください!!

------------------------------

ゆげ接骨院では、対処療法でなく、

超音波や湿布だけでなく、

根本原因を見つけ出して

その症状に合わせた根本治療を行っています!!

もしお悩みのある方はご相談ください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です