こんにちは!!

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

指ポイント4cPoint!

突然ですが

みなさん!!

ふくらはぎの筋肉がどれだけ自分たちが

生きていく中で重要な役割をはたしているかご存知ですか!?

実は

ふくらはぎは第二の心臓!!と言われるほど

重要な役割を担っています!!

 

<なぜ!?そんなにふくらはぎが大切なのか!?>

もちろん人間の体の中で大切でない場所などありません!!

しかし、ふくらはぎはなぜ第二の心臓と呼ばれているのでしょうか!?

 

938017

人間の体の血管をつないだ長さは

なんと約9万km地球2周分だといわれています!!

とてつもない長さの血管が体の中にある事がわかりますね!!

 

その血管の中を血液が循環し組織内へ酸素や栄養素などを組織に運び

組織内の老廃物や二酸化炭素などを運び出します。

つまり生命を維持する上で血管は必要不可欠という事です!!

 

心臓がポンプの役割をして血液を

全身に送っている事はご存知だと思います!!

しかし、この心臓のポンプ作用によって押し出された圧(血圧)

大動脈→動脈→細動脈→毛細血管→細静脈→静脈→大静脈と

心臓から離れていくにつれて弱くなっていきます!

つまり勢いがなくなり流れが遅くなり止まりやすくなってしまいます!

その結果心臓へと血液を戻すのは至難の技となります。

 

特に立位では血液の70%が心臓の下を流れているため

心臓から足先までは自然と重力によって流れていきますが

足先から重力に逆らって上昇してくるのは困難になります。

 

<血液を心臓に戻すために必要なもの!?>

流れの遅くなった血液を心臓に戻すために

重要になるのが次の3つになります!

筋肉ポンプ

呼吸ポンプ

心臓の吸引作用

 

480559

中でも筋肉ポンプは筋肉の収縮によって血管の内圧を高め

流れるスピード高めてくれる作用があります!

足の筋肉であるふくらはぎ(下腿三頭筋)

足にたまった血液を心臓に戻すための役割を担っています!!

 

逆に立ちっぱなしや運動不足で

全くふくらはぎを使わない状態が続くと

血液を心臓に戻す力が弱くなり

下肢の静脈瘤になりやすくなってしまいます!!

 そして、水分や老廃物が皮下組織ににじみ出て脚がむくむ。

もしくは静脈で血栓ができやすくなり

深部静脈血栓症や肺塞栓症(エコノミー症候群)の原因になります。

 

つまり、足先の血液を心臓に戻すためにも

これらのような症状を引き起こさないためにも

ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋の動きが重要であるという事です!!

これらの理由が

ふくらはぎが第二の心臓と言われる由来になります!!!

 

<まとめ>

ふくらはぎは第二の心臓と言われ

生命維持に必要である血液循環の

補助をしている!!

 

エコノミー症候群やむくみを防ぐためにも

ふくらはぎを動かす事は非常に重要である!!

 

------------------------------

この例のように事前にケガや痛みが出るメカニズムを知って

予防する事で症状を発生する前に防ぐ事が可能になります!!

今の時代ケガをしてから医療費をかけるだけでなく

しっかりと自分のカラダをメンテナンスしてけがを未然に防ぐ事が

大切になります!!

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では

そのカラダの健康に保つための予防プログラムである

「ヘルスメンテ」というメニューがあります!!

健康な習慣を身に着けたいけど

自分ひとりじゃ難しい!という方は

是非ご相談ください!!

予防をする習慣をつけてカラダを健康に保ち

自分の好きな事をいつでもできる体を手に入れましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です