こんにちは

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

 

横浜も久しぶりの大雪でしたね(´;ω;`)

そして雪の積もった後に待っているの「雪かき」です!!

普段あまり体を動かさない人が急に動かしたり

疲労が溜まっている中で行っていると

「グキ!!」っと腰を痛めてしまう可能性がとても高いですよね…..

3a9171252ce564a9617f0d2d54964139_s

実際に多くの患者さんが腰の痛みを抱えて当院にも来院されています。

 

そんな方たちのお話を聞いていると

以前もぎっくり腰なったことがあるけど

その時は自宅で安静にするだけで

治療を受けていないという方がほとんどでした!!

 

あなたはしっかりと

ぎっくり腰になった時治療を受けましたか!?

 

本日は

1、「なぜ!?ぎっくり腰になった時に治療が必要なのか!?」

2、「ぎっくり腰をしてしまったときの初期対応」

をお伝えしていきたいと思います!!

 

 

1、なぜ!?治療が必要なのか!?

adbbe3cdd6485f411044c21c0aa1f78d_s

先ほども言いましたが当院に来院されている患者さんの多くは

初めてのぎっくり腰ではなく以前から腰の痛みやぎっくり腰を

抱えていた患者さんがほとんどです!

そして、湿布や痛み止めだけで

ほとんど治療はしてきていないひとが多くいます!!

その方たちが口を揃えていうのが

「以前はここまでひどくなかった!!」です!!

 

つまり、しっかりと治療しなかったことで

症状が悪化してしまっているのです!!

 

確かにぎっくり腰などは数日安静にしていると

痛みが緩和していきます!!

これは急性期が終わって炎症がなくなってきた結果です!!

つまり、

炎症が治まっただけで

根本的な原因は取り切れていないという事です!!

その炎症の痛みがなくなってきたところを治った!

と勘違いしている方は非常に多いと思います!!

しかし、そのままほっとくことで

より悪い状態を自分で作ってしまっているのです。

140692

このさらに悪化してしまう状態を避けるためにも

再発を予防するためにも

ぎっくり腰になった時の治療は非常に重要になります!!

 

昔のぎっくり腰がぎっくり腰の再発で済めばまだいいですが

ほっといた結果、腰痛ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛といった

より重いものにつながってしまう恐れもあります!!

ですので

痛みを我慢せずにしっかりと治療を受けましょう!!

 

2、ぎっくり腰をしてしまったときの初期対応!!

いざ自分がぎっくり腰になってしまった時は

どうすれば良いかわからなくなってしまいますよね!!

 

ぎっくり腰の初期は炎症が起きています!!

寒くて冷えたからなってしまったんだと思って

温めてしまうとこの段階だと逆効果になってしまいます。

782a2616eed54df862c857fc619eb46c_s

この時期たと寒いですが

ぎっくり腰の初期で安静にしていても痛みが続くようなら

アイシングをお勧めします!!

 

アイシングとは冷やすという事です!!

氷嚢があれば氷嚢を使い

なければ袋に氷と水を入れて縛り

その痛みのある患部に当て

20分程冷やしてください!!

家庭用の冷蔵庫で作られた氷はアイシングするには

温度が低すぎるので必ず水を一緒に入れるようにしてください!!

 

アイシングのサイクル

 

20分冷やして40分以上休憩をしてというのを

余裕があれば繰り返し行ってみてください!!

 

~まとめ~

・ぎっくり腰はほっといて治るものではありません

・ぎっくり腰は痛みの強弱にフォーカスを置くのでなく

 しっかりと原因を突き詰めて治療する事が再発予防

 根本治療には大切です!!

・ぎっくり腰をやってしまった初期は安静にし

 アイシングをして炎症を抑える事が大切である!!

炎症期に温めるのは禁忌である!

 

 

----------------------------------

旭区鶴ヶ峰の

ゆげ接骨院では、対処療法でなく、

超音波や湿布だけでなく、

根本原因を見つけ出して

その症状に合わせた根本治療を行っています!!

もしお悩みのある方はご相談ください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です