こんにちは!

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

今までの記事の中で何度か炎症期には

アイシング・冷やす事が大切である事をお伝えしてきました!!

しかし!

そもそも「炎症」とは何なのか!?に触れてくる機会がなかったので

今回はその「炎症」についてをお伝えしていきたいと思います!!

815965

 

 

<炎症とは何!?>

炎症とはけがをした直後に現れる急性期の事を示していて

生体に外傷や侵襲が加わることで起こる

全身または局所組織の反応のことです。

 

急性炎症のメカニズムについて簡単に説明します!

1、生体に外傷や侵襲が加わる

2、傷周囲の血管拡張・透過性亢進、血漿成分の滲出が起こる

3、傷を受けた細胞周囲の炎症細胞の浸潤が起こる

4、炎症物質・発痛物質が体内で生産される

5、患部の炎症症状が発生する

 

 

このように外傷や手術によりカラダに侵襲が加わることで

炎症物質が生産され、炎症症状としてカラダに出てきます。

 

 

<炎症が起きた時の特徴!!>

炎症にはいくつかの特徴があります!

炎症しているかわからない!と思う時は

これら5つをチェックしてみてください!!

1、発赤:患部が赤くなる

2、熱感:患部が熱を持つ

3、腫脹:患部がはれる

4、疼痛:痛みが現れる

5、機能障害:動かす事ができなくなる

これら5つが主な炎症の症状だといわれています!!

 

 

 

炎症症状はケガや手術後の早い段階から起こるため、

炎症管理は早急に行うことが重要です。

急性期の炎症管理は基本的に

冷やす(寒冷療法)ことを中心に行います。

 

 

<炎症管理する事のメリット!!>

①痛みを緩和できる

②循環が良くなり痛みの物質が溜まらなくなる

③腫れが引けることで関節が楽に動かせる

④腫れによる筋萎縮を抑えられる

など、さまざまな効果があります。

 

 

 

炎症があるとリハビリの進行に影響が出てしまい、

治るまで時間がかかります。

また痛みが残る可能性があります。

これを防ぐためにも炎症管理が重要です!

炎症をしっかりと対処することで

リハビリがスムーズに進み、

より早く治すことが可能になります!!

 

 

炎症の対処方法は次回の記事で紹介したいと思いますので

そちらも合わせてお読みください!!

-----------------------------

是非けがをした時の予備知識として覚えてみてください!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です