こんにちは

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

 

あなたの腰は大丈夫ですか!?

腰のに悩みを抱える人は

年齢、職種関係なく多いと思います!!

Basic RGB

あなたの何気ない日頃からの

生活習慣が…

あなたの腰へ

膨大なストレスを

与えているかもしれません!!

 

日頃から腰への負担を軽減して

腰痛、ぎっくり腰を予防するためにも

リスクの高い動作を知っておくことは非常に重要になります!!

 

そこで本日は

ぎっくり腰になりやすい姿勢

解説していきたいと思います!!

 

<ぎっくり腰になりやすい姿勢!?って何!?>

ぎっくり腰とい言葉は職場や家庭でよく耳にすると思います!

ではそのぎっくり腰になりやすい体勢とは

どういうものを言うのでしょうか!?

そのお話をしていく上で知って頂きたいのが

人の関節には「締まりの位置」と「緩みの位置」

というものがあるという事です!  

 

締まりの位置:関節がしっかりと安定した状態の肢位

ゆるみの位置:関節が不安定な肢位

締まりの位置では靱帯が緊張してその関節のすき間とすき間を

がっちり固定して外からの外力に強い状態を作ります!

逆にゆるみの位置では靱帯などの張力が上手く働かず

関節にスペースを作り緩んだ遊びのある状態になります!

 

 

この緩んだ位置でさらに大きな力などが加わると

筋肉や靱帯に過剰のストレスを与え、

筋肉や靱帯を損傷させてしまうのです!!

 

 

この関節のゆるみの位置というのは

ぎっくり腰に大きくかかわってきます!!

 

ぎっくり腰に関係する関節としては

骨盤の「仙腸関節」という関節と

背骨の間の「椎間関節」と呼ばれる関節です!!

 

つまり、この二つの関節が締まりの位置にあるか

緩みの位置にあるかによって

あなたの腰へかかる負担は変化するのです!!

 

2つの関節のしまりの位置とゆるみの位置

この二つの関節は後ろへ反るような動きでは

両方とも締まりの位置になり関節を安定させています。

逆に前にかがんだ姿勢、お辞儀する体勢など

中腰の体勢では関節が緩みの位置になり

2つの関節がともに不安定になります!!

この中腰の姿勢でくしゃみや重い荷物を抱えようとすると

その不安定な関節に大きな負荷がかかり

それを支えている筋肉や靱帯が壊れてしまうのです!!

 

これがいわゆる「ぎっくり腰」です!!

 

みなさんが良く言う

中腰姿勢がぎっくり腰になりやすい!!というのは

医学的にも根拠のある事実なのです!!

 

なので日頃から自分の体を守るためにも

・物を拾うときも

 膝を曲げずに状態だけで取るのでなく

 しっかりとしゃがんでからとったり、

・くしゃみをする時も

 壁や膝で支える事を意識したりして

腰だけに負担をかけないように心がけましょう!!

 

一回一回が面倒でも

自分の体へ負担がかかりにくい体勢や動作をすることで

ケガの予防をできるのであればそれに越したことはないと思います!

ぎっくり腰などの痛みになる前に

自分の普段の日常生活を振り返って

悪い癖がないかどうかを探してみましょう!!

 

 

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では

そんなケガをする前の体を

予防したい人向けのメニューである

「ヘルスメンテ」という予防プログラムがありますので

ご興味のある方は是非ご相談ください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です