こんにちは

旭区鶴ヶ峰ゆげ接骨院です!!

 

突然ですが

みなさんは毎日ストレッチを行っていますか!?

040de38b0422b5044b0cdf082ff9a124_s

日頃のケア一つで

ケガのリスクを減らしませんか!?

けがをする前の予防!!

今日から始めましょう!!

 

本日はそんな

腰の痛みの予防のための

ストレッチ法をお伝えしていきます!!!

 

 

 

<なぜ!?毎日のケアが大切なの!?>

人は毎日過ごす中で常に筋肉を使っています!

歩いたり、走ったり、体を動かしている時はもちろん

立っていたり、座っていたりなど止まっている時も

体勢を保つために筋肉は使われています。

毎日物を食べて歯が汚れてしまうように

毎日使っていると体にも疲労が溜まっていきます。

歯は毎日磨いていれば虫歯のリスクを避ける事ができます!!

そして皆さんは当たり前のように歯を磨いていると思います。

ではなぜ!?同じように毎日使っている

体に対してのケアを行わないのでしょうか!?

4d48b52dde2f3cd44b9cca17877eef3e_s

体も毎日ケアする事で疲労の蓄積を避ける事が出来ます。

疲労が蓄積され一定の場所に負担がかかり続けて

限界点を超えてしまうとケガや痛みにつながってしまいます!!

そうなる前に体のケアをする事で虫歯を未然に防ぐように

腰痛なども予防する事ができます!!

つまり、

ケガのリスクを減らす事ができます!!

そのケアをする方法として

自分で簡単にできるものが

ストレッチや体操なのです!!

 

今日はそんな疲労回復に適している

ストレッチの腰へのアプローチの仕方をお伝えします!!

 

 

<腰の脇のストレッチ!!>

一言で腰といっても後ろが気になる方や

横側が気になる方などがいると思います!

今日はその中でも横側を伸ばすストレッチ方法をお伝えしていきます

 

腰横のストレッチ~腰方形筋~①

1060腰方形筋

この腰方形筋という筋肉は

一番下の肋骨(12肋骨)と各背骨の横(腰椎横突起)から

骨盤の耳上の骨(腸骨)に向かってついているテント状の筋肉です。

この筋肉は両方が同時に働くと腰を反らせる動きに働き

片側が働くと横に体を倒す(側屈)働きをしています!!

腰を動かしたり、体を支えている時などに

非常に重要な筋肉になります!!

つまり、毎日の生活の中で酷使されている筋肉の

一つという事です!!

 

この筋肉を伸ばすには左右に分けてストレッチを

行う事で効率よく伸ばす事ができます!!

 

<ストレッチ方法!!>

1、足を肩幅もしくはもう少し広げた状態で立ちます。

2、伸ばしたい側の手を自分の腰に当てます。

3、手を腰に当てたまま反対側へ体を倒していきます。

4、伸びている感覚がある所で止めて

  深呼吸しながら15秒から20秒行う!!

5、左右交互に2回から3回行いましょう

 

<あまりストレッチを感じない場合のポイント>

1、手の位置を変える

1086821

腰当てていた手を上へバンザイするような形で上げて

同じように体を反対側に倒していきます。

手を腰に当てている時よりもよりストレッチを感じやすくなります!

 

 

伸ばす強さは自分が気持ちいと感じる強さがベストです!!

よくグイグイ痛い所まで伸ばさないと意味がないと思って

強すぎる力で行う人もいますがそれは逆効果なのでやめましょう!!

 

 

このようなストレッチなどでからだのケアを始める事で

ケガを未然に予防する事ができます!!

 

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では

ケガをする前の予防メニューである

「ヘルスメンテ」というメニューがあります。

 

 

丁寧な問診から検査であなたの体を根本から

変えていき健康的な生活習慣を身に付ける

サポートをさせていただきます!!

 

自分一人ではなかなか始める事ができないという方や

予防に興味のある方は是非ご連絡ください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です