こんにちは

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

 

前回の記事では腰の横側にある筋肉のケアの方法をお伝えしました。

本日も引き続きその腰への負担を減らすための

ストレッチ方法を伝えたいと思います!!

443712

腰に違和感や痛みを抱えている方は非常に多いので

腰を意識している方は多くおられます。

しかし、その腰へ大きな 影響を与えるのは

腰だけではありません!

その中でも腰へ大きな影響を与える

「股関節」の存在を無視する事はできません!!

 

<腰痛なのになぜ!?股関節なの!?>

股関節とは肩関節に次いで自由度の高い、

動きの範囲が広い関節です!!!

この関節は実際に腰を反る時や曲げるときに

大きな役割を持っています。

この関節の動きがなくなると股関節の動きの分まで

腰が過剰に働かなければいけません!!

そうした動作が続いていると

腰への負担が溜まっていき限界を超えると

ぎっくり腰などの腰の痛みにつながってしまいます!

 

1028291

 

例えば、座っている姿勢から立つ動作というのは

本来、股関節が曲がっている所から伸びていき

まっすぐ立つ事ができます。

しかし、この時に股関節が上手く伸びなくなっていると

股関節は曲がったまま体を起こしていき

まっすぐの状態を保とうとします!

この状態がいわゆる反り腰の状態です!!

 

腰の関節は元々曲げる動作には適していますが

伸ばす(伸展)動作には弱い構造になっています!!

その中でこの反り腰の形を作るような動作を続けていると

腰自体に負担が増えていき「炎症」などが起きてしまいます!!

 

 

ですので

腰痛だからといって腰ばかりにとらわれていると

根本的な改善にならず何度も繰り返すきっかけになってしまいます。

そしてさらにこの悪い状態が続くと

痛みが痺れの症状に変わったり

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などといった

より重いけがへとつながってしまうのです!!

 

<股関節前方の筋肉へのストレッチ~腸腰筋~>

この状態を避けるには

「股関節」の動きを改善する事は非常に大切です!!

特に股関節が曲がったままで伸びなくなる事は

多く見られます!!

本日はその股関節の動きが失われないための

ストレッチ方法をお伝えしたいと思います!!

 

大腰筋・横隔膜といった

体幹の筋肉をほぐせるストレッチメニュー!

<やり方>

1、膝と同じ高さぐらいの椅子を準備します

2、イスに軽く腰掛け、足を肩幅より大きく広げます

3、両手を膝の上へ置き、足と同じように開く

4、上半身を軽く前に倒す

5、20秒キープする

6、そのまま右肩を中に入れて20秒キープします

7、左肩を入れて同様に行う

 

<ストレッチのポイント!!>

・呼吸を止めずに深呼吸しながら行う

・背中を丸めずに行う

・痛みの出ない範囲で行う

・伸びている場所を意識する

・軽く前傾させた状態で肩を内側に入れる

<まとめ>

このように自分が痛い!と感じる場所だけでなく

そこへ影響を与えている「原因」を見つけて

そこへアプローチしていく事がけがを予防するためには

非常に重要になります!!

股関節の他にも腰へ影響を与えている関節は多くあります。

 

ケガをする前に自分の原因を見つけてケアを始めましょう!!

といっても自分で「原因」を見つけ出すのは非常に困難です!

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院ではそのあなたの悩みを解決するための

「ヘルスメンテ」という予防に特化したプログラムがあります!!

丁寧な問診、検査を基に一人ひとりに合った予防プログラムを提供しています!!

 

ご興味のある方は是非ご相談ください!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です