こんにちは

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!!

 

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症といった

代表的な神経症状を伴う疾患と同じくらい

「坐骨神経痛」を抱えている方は非常に多くおられます!!

939234

坐骨神経痛は

酷いと座ってお尻に体重がかかったり

立って支体重を支えたりするだけでも

激痛が走ります。

それだけでなく

数分歩くだけで痺れが酷くて

立ってられないという方もおられます!!

 

そして、最悪な事に

一度坐骨神経痛になってしまうと

治すまでには時間もかかるし…..

大変な思いをしなければなりません!!

 

こうなる前に対策が必要ですね!!!

 

<坐骨神経痛とは!?>

坐骨神経痛とは病名でなく症状です!

そしてこの症状を引き起こす事で知られているのが

「梨状筋症候群」です!!

坐骨神経&梨状筋

梨状筋症候群は,お尻の深層にある梨状筋による

坐骨神経の圧迫であり,痛みが生じます。

梨状筋は仙骨前面から大腿骨大転子の上端に伸びている。

そして「坐骨神経」はこの梨状筋のすぐ下を通る、

または筋肉自体を貫通して脚へと伸びていきます。

 

この梨状筋が坐骨神経を圧迫によって

神経が刺激され痛みが走る事を

梨状筋症候群(坐骨神経痛)と言います!!

 

<予防するには!?>

この梨状筋症候群(坐骨神経痛)を未然に防ぐためには

その圧迫させる原因の筋肉である

「梨状筋」の柔軟性を

保つことが大切な要素になります!!

 

そこで本日はその梨状筋のストレッチ方法を

お伝えしていきたいと思います!!

 

・梨状筋のストレッチ

梨状筋ストレッチ

1、仰向けになります

2、片足を自分の胸の方へ抱え込みます

3、そこから抱えている膝を反対側の肩の方へ引き寄せます

4、お尻が伸びている感覚がある所で

  10秒から15秒ほどキープします!

強さは自分が気持ちいと感じつ程度で行いましょう!

 

 

ストレッチの方法はこの一つではありませんが

やり方は自分が続けやすいものでかまいませんが

痛みの、痺れの出る前からストレッチなどで

セルフケアしていく事は非常に重要になります!!

 

自分一人では予防したくても続かないし

できない‼という方は

是非一度ゆげ接骨院にご相談ください!!

当院では予防のプログラムである

「ヘルスメンテ」というプログラムで

丁寧な検査を行いあなたに合った予防プログラムを

提供します!!

 

一緒に健康習慣を手に入れましょう!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

ゆげ接骨院 / ホームページ

〒241-0022

横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号

TEL/FAX 045-489-9710

<診療時間>

月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30

土   午前9:00~14:00(休憩なし)

日祝 休診

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です