その要因がこちらです。

・変形性股関節症

・グロインペイン症候群
(鼠径部痛症候群)

・大腿骨頭すべり症

・臼蓋形成不全

 

例えば、変形性股関節症は、関節へ負担がかかりすぎることで起こる関節の病気です。

そして、軟骨が破壊されたり軟骨が変形をきたすことにより、慢性の関節炎を伴います。

また、大腿骨頭すべり症は、肥満や遺伝、骨の一部に負担がかかることにより、足の付け根である「大腿骨頭」の軟骨部分がずれた状態です。

ただ、これらの痛みの要因というのは、

あくまで病院に行ったら言われる

「病名」であり、「原因」ではありません。

では、あなたの
足の付け根の痛みが
出る痛みの原因はなんでしょうか?

膝の筋肉の硬さ

まず1つ目は、筋肉の硬さです。

これは、「腸腰筋」「大殿筋」などの股関節周りの筋肉が硬くなることによって痛みが出るものです。

そして、この筋肉が硬くなる原因というのは、シンプルにこの2つです。

①筋肉を使いすぎ

②筋肉を使わなすぎ

「それだけ?」と思いましたか?

「なるほど!」と思いましたか?

人それぞれ感じ方は違うと思いますが、この原因についてもう少し詳しく説明させていただきます。

筋肉が硬くなる原因①使いすぎ

筋肉が硬くなる原因の1つ目は「使いすぎ」です。

この使いすぎというところで当てはまるのが、よく体を使う人です。

例えば、サッカーなど、走ったり蹴ったりと、下半身を多く使うスポーツをする人は、股関節周りの筋肉を酷使しすぎて痛みが出る場合が多くあります。

また、スポーツをやらないという人でも、趣味でウォーキングやジョギングをする人や、営業職でよく歩く人なども、使いすぎで痛みが出やすくなります。

筋肉が硬くなる原因②使わなすぎ

もうひとつ筋肉が硬くなる原因は「使わなすぎ」です。

この使わなすぎというところで当てはまるのが、同じ姿勢を取る事が多い人です。

例えば、デスクワークでずっと同じ姿勢で座ってる人は、股関節周りの筋肉が硬くなり、それにより動き始めなどに痛みが出やすくなります。

2つ目は、関節の動きが悪いによるものです。

これは、股関節の動きが悪くなることによって痛みが出るものです。

では、なぜ股関節の動きが悪くなるのかというのには、大きく分けて2つ原因があります。

関節が硬くなる原因①ケガによるもの

関節が硬くなる原因の1つ目は、ケガによるものです。

これは、骨折をして関節を固定したり、手術後などに関節を動かなくさせることで起こるものです。

この場合は、同時に周りの筋肉も硬くなっているので、硬くなってしまった筋肉と一緒にほぐしていく必要があります。

関節が硬くなる原因②使いすぎ

関節が硬くなる原因の2つ目は、関節を構成する「靭帯」や「関節包」が、加齢や重労働、同じ姿勢を取り続けるなどによって、徐々に硬くなることです。

この原因に該当する場合は、生活の環境を変えたり、関節の柔軟性を高めるために矯正をしていく必要があります。

3つ目は、筋力の低下ということです。

これは、左右の筋力のバランスが悪くなることで、片方に負担がかかって痛みが出るものです。

例えば、デスクワークなどで同じ姿勢を取り続けていると、下半身の筋肉である大腿四頭筋(もも前)ハムストリング(もも裏)や大殿筋(お尻)の筋肉が落ちてしまいます。

また、加齢や極端なダイエットなども、筋力が低下してしまう原因になります。

すると、筋肉が自分の体重に耐えきれなくなり、足の付け根などに痛みが出てしまうのです。

足の付け根の治療法

これは硬くなってしまった筋肉をほぐすことで、筋肉の伸び縮みをスムーズにさせるための治療です。

例えば、股関節を曲げると痛い場合、付け根の筋肉やお尻との硬さに違いがあることで痛みが出やすくなります。

そのため、付け根に対してマッサージやストレッチをして筋肉に柔軟性を与え、その付け根の筋肉がしっかりと力が発揮できるようにしてあげることが、足の付け根の痛みを取るために必要な治療となります。

この関節に対してのアプローチは、動きの悪くなっている関節を見つけて、動きを良くさせていく治療になります。

例えば、股関節は「曲げる」「開く」など、ぐるぐるといろんな角度に動く「球関節」です。

その動きが悪くなってしまうと、足の付け根に痛みが出るだけでなく、今後他の部分にも負担がかかって痛みが出る場合があります。

そのため、股関節をはじめ、関節に原因がある場合は、動きに問題のある関節に対して矯正を行い、動きを正常にしてあげるという治療が必要になります。

これは、シンプルに弱くなってしまった筋肉を鍛えていくものです。

もう少し詳しくお伝えすると、例えば検査をして、お尻の筋肉が弱くなっていたらお尻のトレーニングをして、お尻を鍛えるということが、この治療にあたります。

ただ、「そんな鍛えることが治療になるのか?」と思うかもしれません。

ですが、人間の体はバランスが大事なので、弱くなってしまっている筋肉に関しては、しっかりと鍛えて、左右の筋力バランスを整えていく必要があります。

そのため、弱くなっている筋肉に対しては鍛えていくことが、足の付け根を良くしていくためには、大事な治療となります。

原因の見分け方

ここまでは、足の付け根の痛みが出る原因というのをお伝えしてきました。

しかし、実際に自分の体が

「どの状態になっているのか?」

という原因をしっかりと見つけないと、

適切な足の付け根の治療に進むことができません。

そのために必要なことが

「検査」と「問診」です。

この検査と問診を行うことで、

あなたの足の付け根の

痛みの原因が分かり、

適切な治療に進むことができます。

そして、

この本当の痛みの原因を見つけ出す

プロが「ゆげ接骨院」です。

ゆげ接骨院では、独自の検査と問診を行い、あなたの本当の原因を見つけ、あなたに合った治療を提案します。

なので、もし足の付け根の痛みがあるということでお悩みであれば、お気軽にゆげ接骨院にご相談ください。

10月1日(土)まで限定