変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは膝の関節の軟骨の質が低下し、少しずつすり減り、歩行時に膝の痛みが出現する病気です。


膝の変形の種類3つ


このように変形性膝関節症と行っても変形の仕方がそれぞれ変わってきます。

そして、その変形の仕方によって痛みの出る場所も変わってきます。


変形の種類ごとの
痛みの出る場所


このように、膝の変形の種類や度合いによっても痛みを感じる場所は様々です。

※上記の場所と複合して股関節・太もも・ふくらはぎ・足首・指などにも症状が出る事もあります。

これは膝を構成している骨が大腿骨と脛骨という骨になり大腿骨は骨盤との間に股関節を作り、脛骨は距骨という骨との間に足関節(足首)を作るからです。

つまり、膝が悪くなるという事は股関節や足首にも悪い影響を与える可能性は十分考えられるわけです。

変形性膝関節症の

症状とは?

そして変形性膝関節症の症状は段階によって特徴が変わってきます。

ですので、あなたの痛みの症状からどの段階なのかを判断することができます。

あなたはどの段階ですか?

このように末期になってしまうと動いていても安静にしていてもかなりの激痛が伴い、普通の生活が送れなくなってしまう大変危険な疾患です。

でも安心して下さい。手遅れにさえならなければ決して治らない疾患ではありません。

ですから、
できるだけ早く
治療をうけて
早期回復する道を
選択される事を強く願います。

整形外科が考える原因と
当院が考える原因は
異なります!

長年、変形性膝関節症の患者さんを
施術して発見した

本当の原因とは?

一般的に言われている変形性膝関節症の痛みは変形した膝自体が痛みを起こしている問題だと考えられています。

ですので、変形性膝関節症の痛みをとる治療として膝に対して電気治療や痛み止めの注射などが使われることが一般的です。

このような治療で、もし変形性膝関節症で悩む人たちの問題を解決できているなら何もいうことはありませんが、多くの人がこのような治療を受けているにもかかわらず改善へ繋がっていないのが現実です。

中にはこれらの治療をしているのに悪い段階へと移行してしまう人もいます

なぜ?このようなことが

起きてしまうのかというと

答えは簡単で、

変形性膝関節症を

引き起こしている原因は

膝自体にはないからです!

変形性膝関節症が起きているのは

結果であり、

それを起こしている

原因は別にあるのです!!

このように一般的に考えられている

原因には先があるのです!

つまり、

一般的に考えられている

原因は根本でなく、

当院が発見した原因が根本なのです!

この根本原因を改善しないことには

あなたの膝の痛みを

改善することはできないのです!

ですから、

この根本原因を解決するために、、

5月21日(土)まで限定