こんな症状でお困りでないですか?

・膝のお皿の下が痛い

・膝のお皿の下が出っ張ってきた

・膝のお皿の下が腫れて熱感がある

・膝が痛くて最後まで曲げられない

こんな症状に当てはまったあなたは、
もしかしたら

「オスグッド」

かもしれません。

オスグッドとは?

オスグットとは、正式には「オスグッド・シュラッター病」といい、小学校高学年から中学生ぐらいの成長期に多い、スポーツ障害です。

特に、サッカーやバスケットボール、バレーボールといった、膝への負担が大きいスポーツで多く見られます。

オスグッドは
なぜ起こるのか?

では、一体なぜオスグッドは起こるのでしょうか?

それは「筋肉の成長」と「骨の成長」のバランスが悪くなるからです。

どういうことかと言うと、成長途中の小中学生の骨というのは、まだ弱い状態です。

そして、オスグッドはももの前の筋肉である「大腿四頭筋」が硬くなることが発端で起こり、「骨の成長」より「大腿四頭筋の硬さ」の方が勝ってしまうと、付着している骨が引っ張られて痛みが出ます。

簡単に言うと、

「骨の成長」<「大腿四頭筋の硬さ」

の状態になると、オスグッドになり痛みが出るのです。

つまり、理想は筋肉の成長と共に骨も成長していくことですが、スポーツをすることで筋肉の成長が、骨の成長を勝ってしまっている状態なのです。

オスグッドの進行具合

このオスグットは進行具合によって、痛みが変わってきます。

オスグッドになる
根本的な原因

ここまで、オスグットはなぜ起こるのかということをお伝えしてきました。

そして、ここからはその詳しい原因について紹介していきます。


オスグッドの原因①
筋肉の硬さ


まず1つ目は、筋肉の硬さです。

これは、股関節から膝のお皿の下にある脛骨粗面というところに付着している「大腿四頭筋」が硬くなることによって起こるものです。

もう少し詳しくお伝えすると、サッカーなど膝を伸ばす動きを繰り返し行っていると、大腿四頭筋が付着している脛骨粗面が強く引っ張られます。

そして、その状態が続いてしまうと、骨の一部に炎症が起きたり、ひどくなると、骨の一部が剥がれてしまいます。

つまり、シンプルに言うと、大腿四頭筋が硬くなることにより、オスグッドになってしまうものです。


オスグッドの原因②
筋力の低下


2つ目は、筋力の低下によるものです。

これは、筋肉のバランスが崩れることによって負担がかかり、痛みが出るものです。

オスグットになる場合、大腿四頭筋が強くて、反対にあるハムストリング(もも裏)が弱い傾向にあります。

すると、前後の筋力バランスが悪くなり、常に大腿四頭筋に負担がかかりやすくなってしまいます。

それが、大腿四頭筋の硬さに繋がり、オスグッドへと繋がっていってしまうのです。


オスグッドの原因③
使い方


3つ目は、使い方によるものです。

これは、使い方が悪くなることによって、筋肉に負担がかかって痛みが出るものです。

例えば、間違った歩き方をしているだけで、大腿四頭筋に負担がかかって、痛みが出やすくなります。

どういうことかというと、本来は、かかとから足をついて、つま先へ体重を移動させます。

それにより足に負担をかけずに歩くことができるのですが、足裏全体やつま先重心の歩行になってしまうと、そうはいきません。

試してもらうと分かると思いますが、ベタ足で着地すると、どうしても膝が曲がった状態になります。

ということは、歩く度に体重が膝にかかるので、膝に痛みが出やすくなるいうわけです。

また、ジャンプする動きや日頃立っている姿勢も、片足に重心が寄ってたりすると、大腿四頭筋に負担がかかってしまうので、大腿四頭筋の硬さに繋がっていきます。

つまり、

膝の痛みの原因は、

筋肉の柔軟性の低下

筋力の低下

体の使い方

が大きく関係しているのです

ですので、

あなたの膝の痛みを改善するには

これらの筋肉や関節の問題を

取り除かなければなりません。

オスグッドの痛みを
改善する方法



オスグッドの治療法①
筋肉の硬さへのアプローチ


まず1つ目は、筋肉の硬さへのアプローチです。

これは硬くなってしまった筋肉をほぐすことで、筋肉の伸び縮みをスムーズにさせるための治療です。

オスグッドの場合は、大腿四頭筋が硬くなることで炎症が起こるので、この大腿四頭筋をほぐすことが、治療になります。

それには、硬くなっている筋肉に対して「マッサージ」や「ストレッチ」をして、筋肉に柔軟性を与えることが大切です。

そして、この硬さが取れてくることで、膝のお皿の下にある痛みが取れるようになってきます。


オスグッドの治療法②
筋力へのアプローチ


2つ目は、筋力に対してのアプローチです。

これは、シンプルに弱くなってしまった筋肉を鍛えていくものです。

もう少し詳しくお伝えすると、大腿四頭筋に比べて、ハムストリング(もも裏)の筋力が低下していたら、ハムストリングを鍛えるということが、この治療にあたります。

ただ、「そんな鍛えることが治療になるのか?」と思うかもしれません。

ですが、人間の体はバランスが大事なので、弱くなってしまっている筋肉に関しては、しっかりと鍛えて、前後・左右、内外の筋力バランスを整えていく必要があります。

それにより、膝に負担がかかりにくくなり、痛みも取れてくるのです。

つまり、弱くなっている筋肉に対しては鍛えていくということが、オスグッドを良くしていくためには、大事な治療となります。


オスグッドの治療法③
使い方へのアプローチ


3つ目は、使い方へのアプローチです。

これは使い方を良くすることで、膝にかかる負担を軽減させるための治療です。

例えば、先ほどお伝えした「かかとから着く」正しい歩き方ができていなければ、できるように修正していくというのが、使い方に対しての治療です。

他にも、「ジャンプする動作」や「ジャンプからの着地動作」などの動きが膝に負担をかけているようであれば、そういった動きも修正していく必要があります。

そのように、体の使い方を良くするということも、オスグッドの痛みをとるために必要な治療になります。

これら3つの治療を行い
膝の痛みの
原因を取り除くことで


あなたの抱えている

オスグッドの痛みを
改善することが出来ます!

しかし、

実際に自分の体が

「どの状態になっているのか?」

という原因をしっかりと見つけないと、

適切なオスグッドの治療に進むことができません。

そのためには
「問診」「検査」
が必要になります!

この検査と問診を行うことで、

あなたのオスグッド

の原因が分かり、

適切な治療に進むことができます。

そして、

この本当の痛みの原因を見つけ出す

プロが「ゆげ接骨院」です。

10月1日(土)まで限定