なぜ?電気を当てて湿布をしても
腱鞘炎は改善しないの?

腱鞘炎の主な原因として一般的には使いすぎと言われることが多くあります!

そして、電気や湿布というのはその使いすぎをケアするための対処的なアプローチになります。

しかし、腱鞘炎の痛みの本当の原因は使いすぎだけではないのです!

ですので、一時的に痛みが軽減することがあっても本当の原因を取り除けていないのでなかなか痛みが改善されないのです!

腱鞘炎の本当の原因

機能の低下というのは老化ではなく、筋肉や関節の柔軟性の低下、筋力の低下のことを言います。

単なる使いすぎなのではなくこの機能の低下があるせいで今ままで大丈夫だった動きまでも痛みが出てきてしまうのです!

ゆげ接骨院の改善方法とは?

つまり、あなたの腱鞘炎を改善するためにはどこの機能の低下が起きているのかを見つけ出してそれに対して適切に対処していく必要があるのです!

例えば、もし関節の硬さが原因なのであれば関節の矯正を行い、もし筋肉の柔軟性の低下がある場合にはストレッチやマッサージを行い、筋力の低下があればトレーニングを行っていきます!

このように、指、手首だけでなく本当の原因に対して適切に処置していくことによってあなたの痛みをより早く、かつ、再発しにくい状態へと変えていきます。

同じ、指が痛い、ばね指、手首が痛いということだとしてもなぜ?その痛みが出てしまったのかはそれぞれ違います。

ですので、しっかりとあなたの原因を見つけ出し、あなたに合った施術を選択必要があるのです。

鶴ヶ峰のゆげ接骨院への
アクセス・院情報