脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは、一般的に脊柱管が狭くなることで、中を通っている神経が圧迫されて、痛みやしびれが出てしまうことをいいます。

そして、腰から足にかけての範囲に神経症状が出たり、歩行中は痛いけど、休憩すると治るといった「間歇性跛行」が見られると言われています。

また、変形性脊椎症による狭窄は男性に多く、変性すべり症による狭窄は女性に多いというのも、脊柱管狭窄症の特徴です。

脊柱管狭窄症の

症状とは?

そして脊柱管狭窄症は症状の特徴によって、「軽症」「中症」「重症」など段階が分かります。

あなたはどの段階ですか?

このように脊柱管狭窄症というのは段階を経て悪くなっていく疾患になります。

進行が進めば進むほど体の状態は悪化していき、最悪は運動障害や感覚麻痺が起こり元の健康な体に戻れなくなってしまうことがあります。

ですので、

専門院に通院することを
強くお勧めします!

整形外科が考える原因と
当院が考える原因は
異なります!

長年、脊柱管狭窄症の患者さんを
施術して発見した

本当の原因とは?

一般的に言われている脊柱管狭窄症の痛みや痺れなどを起こしている原因は背骨自体が問題だと考えられています。

ですので、脊柱管狭窄症の痛みや痺れをとる治療として腰に対して電気治療や痛み止めなどの薬などが使われることが一般的です。

このような治療で、もし脊柱管狭窄症で悩む人たちの問題を解決できているなら何もいうことはありませんが、多くの人がこのような治療を受けているにもかかわらず改善へ繋がっていないのが現実です。

中にはこれらの治療をしているのに悪い段階へと移行してしまう人もいます

なぜ?このようなことが

起きてしまうのかというと

答えは簡単で、

脊柱管狭窄症を引き起こしている

原因は背骨自体にはないからです!

脊柱管狭窄症が起きているのは

結果であり、

それを起こしている

原因は別にあるのです!!

このように一般的に考えられている

原因には先があるのです!

つまり、

一般的に考えられている原因は根本でなく、

当院が発見した原因が根本なのです!

この根本原因を改善しないことには

あなたの痛みや痺れを

改善することはできないのです!

ですから、

この根本原因を解決するために、、

5月21日(土)まで限定