その要因がこちらです。

・ストレートネック

・頚椎症

・頚椎椎間板ヘルニア

・首下がり症候群

 

例えば、ストレートネックの場合、デスクワークなどで長時間同じ姿勢を取り続けることにより首に負担がかかって、首のカーブがなくなってきます。

それにより、頭の重さを支えられなくなり、周辺の筋肉が硬くなってしまいます。

また、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアは、加齢や使いすぎによって、神経の通り道が狭くなり、痛みやしびれといった症状が出てくるものです。

どれも、首に痛みが出て、寝違えのような症状が出るので、病院に行ったらこれらの診断を受けるかもしれません。

ただ、これらの痛みの要因というのは、

あくまで病院に行ったら言われる

「病名」であり、「原因」ではありません。

では、あなたの首の
寝違えたような痛みが
出る痛みの原因はなんでしょうか?

膝の筋肉の硬さ

まず1つ目は、筋肉の硬さです。

スマホの操作やパソコンなどを長時間同じ姿勢でしていると、だんだんと筋肉が硬くなってきます。

そして、その硬くなった状態で寝てしまうことで、血液の流れが悪くなり、首から背中にかけて痛みが出てしまいます。

それにより首を回すと痛かったり、下手をすると首が回せないという状態になるのです。

そのため、筋肉が原因の場合は、筋肉を日頃から柔らかくしておくことが大切になります。

2つ目は、関節の動きが悪いによるものです。

これも先程と同様に、スマホやパソコン作業などは同じ姿勢を取っていたりすることにより、関節に負担がかかり、関節の動きが悪くなります。

すると、寝ている際に寝返りがうまく打てなくなり、血流が悪くなって寝違いを起こしてしまいます。

そのため、関節が原因の場合は、関節の動きをよくしてあげる必要があります。

3つ目は、姿勢の悪さということです。

これは姿勢が悪くなることにより、日頃の生活から筋肉や関節に負担をかけてしまい、寝ている際に寝違えを起こしやすい状態になってしまうことです。

そのため、そんなにスマホをいじったりや長時間パソコン作業をしているつもりがなくても、日頃の姿勢が悪いために、首に負担がかかって寝違えやすい状態になってしまいます。

なので、姿勢を良くしていくということも、寝違えを良くしたり、今後起こさせないためには必要なポイントとなります。

首に寝違えたような痛みがある時は?

ここまでは、首に寝違えたような痛みが出る原因というのをお伝えしてきました。

しかし、実際に自分の体が

「どの状態になっているのか?」

という原因をしっかりと見つけないと、

適切な首の治療に進むことができません。

そのために必要なことが

「検査」と「問診」です。

この検査と問診を行うことで、

あなたの首の痛みの原因が分かり、

適切な治療に進むことができます。

もしあなたが、今までに寝違えを繰り返し起こしていたのなら、本当の原因を見つけて、取り除けていなかった可能性があります。

そして、

この本当の痛みの原因を見つけ出す

プロが「ゆげ接骨院」です。

ゆげ接骨院では、独自の検査と問診を行い、あなたの本当の原因を見つけ、あなたに合った治療を提案します。

なので、もし寝違えたような首の痛みがあるということでお悩みであれば、お気軽にゆげ接骨院にご相談ください。