こんな症状でお困りでないですか?

・膝の外側が痛む

・走ることが多い

・歩いていても膝の外側が痛いことがある

こんな症状に当てはまったあなたは、
もしかしたら

「ランナー膝」

かもしれません。

ランナー膝とは?

ランナー膝とは、正式には「腸脛靭帯炎」と呼ばれ、膝の外側に痛みが出る疾患です。

そして、長時間ランニングする人などに多く見られるので、ランナー膝と呼ばれ、膝の外側にズキズキとした痛みが出るのが特徴です。

また、膝の痛みがあるのに使っていると、症状が徐々に進行して、痛みがひどくなってしまいます。

ランナー膝の
段階別の症状

このようにランナー膝は放置しておくと徐々に悪い状態へと繋がってしまいます。

そして、最終的には歩けない、立ち上がれないなど日常生活にも支障をきたすようになってしまのです。

ですので、このような悪化を防ぐためにも、今の状態から悪化させないためにもしっかりと痛みが出ている原因を見つけ出して改善していく必要があるのです!

ランナー膝は
なぜ起こるのか?

では、一体なぜランナー膝は起こるのでしょうか?

ランナー膝の痛みはランニングや歩行時の膝の曲げ伸ばしが繰り返される時に「腸脛靭帯」と「膝の外側の骨」が擦れて、摩擦が起きてしまい痛みが起きてしまいます。

そしてこの摩擦が強く起きてしまう原因として「走った時の着地」が大きく関わってきます。

地面に足がついたときにしっかりと脚が安定していれば膝に負担がかかることはありません。

しかし、地面に着地した際に安定感がなく、

体がぶれてしまったり、

膝が内側に入ってしまったりすると

摩擦が強くなり痛みへと繋がってしまうのです!

ですので、ランナー膝の痛みを改善するには

ランニングや歩行の時に地面い着く時の

脚や体幹の安定性を高めていく必要があるのです!

そして、ここからは「もうすでに膝の外側に痛みや違和感がある」といった人や「今後、膝の外側に痛みを出したくない」人のための解決法を紹介していきます。

ランナー膝の痛みを
改善する方法



ランナー膝の治療法①
筋肉の硬さへのアプローチ


ランナー膝は、お尻から膝下まで付いている「腸脛靭帯」が硬くなることによって起こるので、それに対してアプローチをするものです。

もう少し詳しくお伝えすると、腸脛靭帯は「大殿筋」と「大腿筋膜張筋」からはじまり、大腿骨を通って、膝の外側に付着します。

そして、ジョギングなどで膝の曲げ伸ばしを繰り返し行っていると、硬くなった腸脛靭帯が大腿骨の外側にある「外側上顆」という出っ張りに何度もこすられてしまいます。

すると、こすられた部分が炎症を起こして、痛みを引き起こしてしまうのです。

なので、お尻から腸脛靭帯にかけてを「マッサージ」や「ストレッチ」をしてほぐして、硬くなった筋肉を緩めてあげることが大切になります。


ランナー膝の治療法②
筋力へのアプローチ


2つ目は、筋力の低下へのアプローチです。

これは、筋肉が弱くなることによって負担がかかり、痛みが出るものなので、トレーニングをするということが治療になります。

例えば、お尻の外側にある「中殿筋」という筋肉が弱くなると、着地した時に体重を支えられなくなり、負荷が外側にかかってしまいます。

すると、外側を走っている腸脛靭帯に負担がかかり、痛みに繋がってくるのです。

そのため、中殿筋をはじめ、お尻周りのトレーニングをすることで走るフォームが安定して、膝にかかる負担が軽減します。

なので、トレーニングというのも、立派な治療になります。


ランナー膝の治療法③
使い方へのアプローチ


3つ目は、使い方へのアプローチです。

これは、走り方や歩き方などを直すことで、膝に負担のかかりにくい状態にしていくものです。

特に走る時の足の着き方が非常に重要になります。

足の着き方には大きく分けると3つの種類があります。

【つま先着地】

フォアフット走法と呼ばれ、アフリカのマラソンランナーに多い足のつき方で、かなりふくらはぎや太ももに負担が集中します。

そのため、一般の人が真似すると、ケガをするリスクがかなり高い、足の着き方のひとつです。

【足裏全体】

ミッドフット走法と呼ばれ、膝や足首への負担が少ないのが特徴で、長距離を走る際には一般的な着き方とされています。

ただ、フォームを意識しすぎるとバランスを崩して、膝を痛める可能性があるフォームとされています。

【かかと着地】

ヒールストライク走法と呼ばれ、ウォーキングや普段の歩く際には基本の歩き方です。

しかし、かかとでブレーキをかけた走り方のため、スピードが上げにくい走り方でもあります。

なので、ジョギング程度のゆっくりしたスピードで走る分には脚への負担が少なく、ちょうどいい足の着き方となります。

このように、足の着き方が3種類ある中で、マラソン選手や陸上選手でないなら、かかと着地で走るのが1番理想的です。

というのも、つま先着地の走り方は、ふくらはぎや太ももに負担が大きいので、とてもおすすめできる走り方ではありません。

なので、フォームを直すのと同時に、その体の動きを良くさせ、維持できるようにするために、筋肉の硬さや筋力へのアプローチをしていくことが大切になります。

これら3つの治療を行い
膝の痛みの
原因を取り除くことで


あなたの抱えている

ランナー膝の痛みを
改善することが出来ます!

しかし、

実際に自分の体が

「どの状態になっているのか?」

という原因をしっかりと見つけないと、

適切なランナー膝の治療に進むことができません。

そのためには
「問診」「検査」
が必要になります!

この検査と問診を行うことで、

あなたのランナー膝

の原因が分かり、

適切な治療に進むことができます。

そして、

この本当の痛みの原因を見つけ出す

プロが「ゆげ接骨院」です。

本気で改善したいあなたに
特別なご案内です!

先着10名様→残り3人

1日2名様限定

5月7日(土)まで限定

今すぐお問い合わせご予約はこちら

⬇︎⬇︎⬇︎