こんな症状でお困りでないですか?

・太ももや膝下に痛みやしびれがある

・長く続けて歩けない

・休憩すると歩けるようになる

・朝や寒い季節に症状が出やすい

こんな症状に当てはまったあなたは、
もしかしたら

「腰部脊柱管狭窄症」

かもしれません。

脊柱管狭窄症とは?

 

腰部脊柱管狭窄症とは、一般的に脊柱管が狭くなることで、中を通っている神経が圧迫されて、痛みやしびれが出てしまうことをいいます。

そして、腰から足にかけての範囲に神経症状が出たり、歩行中は痛いけど、休憩すると治るといった「間歇性跛行」が見られると言われています。

また、変形性脊椎症による狭窄は男性に多く、変性すべり症による狭窄は女性に多いというのも、脊柱管狭窄症の特徴です。

脊柱管狭窄症の
痛み、痺れは
なぜ起こるのか?

では、一体なぜ腰部脊柱管狭窄症が起こるのでしょうか?

その原因は、多くの場合が加齢による変性で、椎間板の変形や骨の変形、靭帯が緩むことにより起こると言われています。

しかし、全てが加齢のせいではありません。

もっと言ってしまうと、腰部脊柱管狭窄症は病院に行ったら言われる「病名」であって、痛みやしびれを出している「原因」ではないのです

もう少し詳しくお伝えすると、年齢とともに背は伸びないで、どんどん縮んでいくと思います。

これは、椎間板の変形や骨の変形によって、25個ある背骨が数ミリずつ縮まることにより起こるものです。

つまり、狭窄症は誰でも起こるということです。

しかし、背が縮んだからといって、全員が痛みやしびれに悩まされているわけではありません。

つまり、

「脊柱管狭窄症」=「痛み・しびれ」

ではありません。

では、あなたの痛みや痺れの本当の原因とは?

その原因は、大きくわけて3つあるので、順番に解説していきます。

痛み、痺れの原因①
筋肉の硬さ


まず1つ目は、筋肉の硬さによるものです。

これは、硬くなってしまった筋肉が血管を圧迫することで、血流循環が悪くなり、筋肉が酸欠になることで痛みやしびれを出すものです。

例えば、大殿筋や梨状筋といった、お尻周りの筋肉が硬くなることで、腰から出ている神経や血液の流れを悪くしてしまいます。

そして、それが腰や脚に痛みやしびれを出してしまう原因になります。

例えば、スマホやパソコン作業です。

 

例えば、スマホやパソコンを見ている時に無意識に取っている「猫背姿勢」は狭窄症になりうる原因の1つです。

この猫背姿勢を取っていることにより、筋肉や関節の動きが悪くなり、さらに筋力が落ちてきてしまいます。

痛み、痺れの原因②
関節の硬さ


これは、腰と脚をつなぐ股関節の動きが悪くなってしまうことによって、痛みが出やすくなる状態です。

もう少し詳しくお伝えすると、腰というのは股関節と連動して動きます。

それにより

「床に落ちた物を拾う」

「椅子から立ち上がる」

といった動きがスムーズに行くようになります。

しかし、この股関節の動きが悪くなってしまうと、それらの動きがスムーズにいきません。

すると、股関節の動きをカバーするために、腰に負担がかかってしまい、痛みやしびれの原因になってしまうのです。

痛み、痺れの原因③
筋力の低下


3つ目は、筋力の低下によるものです。

これは、筋力のバランスが悪くなることによって痛みが出るものです。

例えば、私たちは普段、手元の作業や前かがみの作業が圧倒的に多いと思います。

そのため、体の前の筋肉ばかり使ってしまうので、体の前の筋肉が強くて、後ろ側の筋肉が弱くなる傾向にあります。

これを、脚周りの筋肉で言うと、大腿四頭筋(太もも前)が強く、大殿筋(お尻)やハムストリング(もも裏)といった筋肉が弱くなっている状態です。

それは、すなわち骨盤が前に倒れやすい状態なので、結果的に腰に反りが生まれて痛みが出やすくなるのです。

つまり、

脊柱管狭窄症の痛み痺れの原因は、

筋肉の柔軟性の低下
関節の可動域の低下
筋力の低下

が大きく関係しているのです

ですので、

あなたの痛みや痺れを改善するには

これらの筋肉や関節の問題を

取り除かなければなりません。

狭窄症の痛みを改善する方法



脊柱管狭窄症の治療法①
筋肉の硬さへのアプローチ


まず1つ目は、筋肉の硬さへのアプローチです。

これは、硬くなってしまった筋肉をほぐすことで、筋肉の伸び縮みを良くさせるための治療です。

例えば、先程お伝えした場合で言うと、大殿筋が硬くなってしまうことで、神経や血液の流れを悪くさせてしまいます。

そのため、そういった硬くなってしまった筋肉をほぐして、血液の流れを良くさせていくことが、筋肉の硬さに対しての治療になります。


脊柱管狭窄症の治療法②
関節へのアプローチ


2つ目は、関節へのアプローチです。

これは、動きの悪くなってしまった関節に対して、アプローチをするものです。

例えば、股関節は構造上「曲げる」「開く」など、ぐるぐるといろんな角度に動かすことができます。

しかし、その股関節の動きが悪くなってしまうと、股関節に痛みが出るだけでなく、動きをカバーするために腰などにも負担がかかりやすくなります。

どういうことかと言うと、股関節の付け根部分の動きが悪いと、立ち上がる時に「すっと立ち上がること」ができずに、腰を反るような形でないと立ち上がることができません。

つまり、検査で関節に原因があるとわかった場合、その動きに問題のある関節に対して「矯正」を行うということが大切になります。

そして、動きを正常にしてあげることで、腰への負担も軽減し、痛みやしびれも解消されていきます。


脊柱管狭窄症の治療法③
筋力低下へのアプローチ


この筋力に対しては、シンプルにトレーニングをして筋肉をつけていくということが治療になります。

例えば、検査をしてお尻のが弱くなっていたら、お尻のトレーニングをして鍛えるということが、この治療にあたります。

ただ、「そんな鍛えることが治療になるのか?」と思うかもしれません。

ですが、人間の体はバランスというのが大事になります。

もし、1つの筋力が低下して、本来の力が発揮できなければ、必然的に周りの筋肉がカバーすることになってしまうのです。

なので、弱くなってしまっている筋肉に対してはしっかりと鍛えて、前後・左右の筋力バランスを整えていく必要があります。

そのため、弱くなっている筋肉を検査して見つけ出し、鍛えていくことが、痛みやしびれを良くしていくために、大事な治療となります

これら3つの治療を行い
痛みや痺れの
原因を取り除くことで


あなたの抱えている

脊柱管狭窄症の痛みや痺れを
改善することが出来ます!

しかし、

実際に自分の体が

「どの状態になっているのか?」

という原因をしっかりと見つけないと、

適切な腰の治療に進むことができません。

そのためには
「問診」「検査」
が必要になります!

この検査と問診を行うことで、

あなたの腰の痛み

の原因が分かり、

適切な治療に進むことができます。

そして、

この本当の痛みの原因を見つけ出す

プロが「ゆげ接骨院」です。

本気で改善したいあなたに
特別なご案内です!

先着10名様→残り3人

1日2名様限定

5月7日(土)まで限定

今すぐお問い合わせご予約はこちら

⬇︎⬇︎⬇︎