旭区鶴ヶ峰で脊柱管狭窄症の治療なら | 実績上位のゆげ接骨院ー旭区鶴ヶ峰

どこに行っても改善しない遺体の根本治療。首、肩、腰の辛い痛み。膝、肘、手首など関節の痛みを改善!

脊柱管狭窄症

腰痛イラスト

  • 整形外科や病院で脊柱管狭窄症を言われて、手術を勧められた
  • 手術をせずに改善したい
  • 薬や注射の治療で脊柱管狭窄症を治したくない
  • 長い時間歩くとだるくなる
  • 足やお尻に痺れがある

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは脊髄が通る所が腰椎の変形・変性により狭くなって神経を圧迫している状態のことを言います。

脊柱管狭窄症と調べると、足の痺れが症状として出てくることが多いのですが、脊柱管狭窄症だからと言っても必ず足が痺れるというわけではなく、腰の痛み・足の痺れ、もしくは症状があまり出ないということもあります。

脊柱管狭窄症はよく『完治不能』と言われているようですが、旭区鶴ヶ峰ののゆげ接骨院の治療で症状の出ないような身体を作ることはもちろん可能です。

脊柱管狭窄症の原因とは?

脊柱管狭窄症の原因の多くは背骨のS字カーブが正常でない形で長期間維持されていることです。

脊柱管狭窄症の特徴として、腰骨の形が反ってしまっていることがあります。腰のアライメント(背骨のS字カーブの角度を適切に維持させること)が異常である状態で長く続くと、脊柱管が狭くなり神経を圧迫してしまいます。

しかし症状はほとんどの場合、根本原因のある腰部分ではなくお尻から足にかけて症状が出ます。また上記にも記しておりますが、症状の出ない方も中にはいらっしゃいます。

症状の出る方と出ない方の違いは、腰椎の関節・お尻周り・足の筋肉の柔軟性が損なわれているかどうかや血行不良が起きているかどうかといったことが挙げられます。

 

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院により脊柱管狭窄症の治療方法とは?

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では、脊柱管狭窄症の根本原因を旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院独自の検査方法によって鑑別をして症状の緩和や一時的な対処療法ではなく、機能と構造を正常にして症状が再発しにくい身体づくりを目指していきます。また、治療方法は関節調整を軸に患者様に合った施術方法を行い自宅でのストレッチ方法などもお伝えさせて頂きます。今まで整形外科やマッサージや他の接骨院に行かれて症状が良くならなかった方はぜひご来院ください。

まずはご相談だけでもお電話で頂ければ丁寧にお答えさせて頂きます。

一度、脊柱管狭窄症でお困りの方は、旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院にご相談ください。

 

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

スタッフブログ

    RSS Feed Widget
TOPへ戻る