すべり症とは?

本来、腰椎(腰の背骨)は第1腰椎から第5腰椎まであり、正面から見ても横から見ても綺麗に並んでいます。

通常は簡単にずれたりしないようになっていますが、椎間関節と呼ばれる背骨の関節が壊れてしまったり、椎間板の異常などによって骨がずれてしまうことがあります。

これを“すべり症”と言います。

これらのすべり症に

共通する症状とは?

すべり症は「軽症」「中症」「重症」によってそれぞれ特徴的な症状が現れます。

動きの制限の仕方や痛み、痺れが出る場所がどこかによって症状の段階を推測することもできます。

あなたはどの段階ですか?

このようにすべり症というのは段階を経て悪くなっていく病気になります。

進行が進めば進むほど体の状態は悪化していき、最悪は運動障害や感覚麻痺が起こり元の健康な体に戻れなくなってしまうことがあります。

ですので、

専門院に通院することを
強くお勧めします!

整形外科が考える原因と
当院が考える原因は
異なります!

長年、すべり症の患者さんを
施術して発見した

本当の原因とは?

すべり症になる一般的に考えられている原因は加齢やスポーツなどの外力などで過剰な負担が背骨にかかることによって分離が起こり、それが徐々にすべり症へと繋がってしまうと考えられています。

そして、痛みや痺れ自体もこのすべり症を起こしている背骨自体が問題だと考えられています。

ですので、すべり症の痛みをとる治療として腰に対して電気治療や痛み止めなどの薬などが使われることが一般的です。

このような治療で、もしすべり症で悩む人たちの問題を解決できているなら何もいうことはありませんが、多くの人がこのような治療を受けているにもかかわらず改善へ繋がっていないのが現実です。

中にはこれらの治療をしているのに悪い段階へと移行してしまう人もいます

なぜ?このようなことが

起きてしまうのかというと

答えは簡単で、

すべり症を引き起こしている

原因は背骨自体にはないからです!

すべり症が起きているのは

結果であり、

それを起こしている

原因は別にあるのです!!

このように一般的に考えられている

原因には先があるのです!

つまり、

一般的に考えられている原因は根本でなく、

当院が発見した原因が根本なのです!

この根本原因を改善しないことには

あなたの痛みや痺れを

改善することはできないのです!

ですから、

この根本原因を解決するために、、

5月21日(土)まで限定