横浜市旭区鶴ヶ峰で腰椎すべり症の治療なら | 実績No.1のゆげ接骨院ー旭区鶴ヶ峰

どこに行っても改善しない遺体の根本治療。首、肩、腰の辛い痛み。膝、肘、手首など関節の痛みを改善!

腰椎すべり症

  • 腰が痛くて朝起き上がるのが辛い
  • スポーツをしていると腰に痛みが出る
  • 腰が重いだけでなく、足がしびれる
  • 重い物を持つ時に腰が痛い
  • 腰椎すべり症と診断されたがどうしたら良いのか分からない

腰椎すべり症とは? 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

腰椎すべり症とは、腰の部分にある積み木のように重なっている腰椎が前の方にすべり出し、腰痛、坐骨神経痛といった症状を引き起こします。

腰椎すべり症は、バスケットボールやバレーボール、サッカーボール、野球といった、ジャンプをしたり止まったりするスポーツに多く発生します。

ジャンプや急に止まったりという繰り返しの練習を行うことにより、骨の部分に負担が蓄積し、変性してしまうのです。

腰痛が原因で病院へ行くと、レントゲンを撮影されることが多いと思います。

その際に、「分離症が腰痛を引き起こしている」と診断されることがあります。

しかし、実際には腰痛の原因は分離症ではない場合があります。

分離症が腰痛の原因であるなら、腰椎が分離している、つまり骨折している状態であるため、安静時もかなりの痛みが生じるはずです。

しかし、腰椎分離症・すべり症と診断された方は「骨ではなく、腰の左側が痛む」や「体を反ると痛む」といった声が多いです。

つまり、骨の異常が腰痛を引き起こしているわけではないため、骨の検査をメインで行う病院では腰椎すべり症の本当の原因を診てもらえない可能性があるのです。

 

腰椎すべり症の原因 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

腰椎すべり症は、骨ではなく腰の筋肉に負担が蓄積して痛みが生じます。

つまり、腰椎すべり症の本当の原因は筋肉にあるのです。

筋肉の中でも、背骨の左右についている多裂筋という筋肉が主な原因で、

多裂筋は背骨を安定させる時に働く筋肉で、腰椎すべり症が起こり腰椎が前方にすべるのを阻止するために、多裂筋が過剰に働きます。

そうすると、多裂筋に負担が蓄積し、腰痛となって痛みが生じるのです。

この多裂筋への過度な負担が、腰椎すべり症の原因です。

もし、この状態を治さず放っておくと、多裂筋だけには留まらずお尻の筋肉にも負担がかかり、足の痺れといった症状にもつながる恐れがあります。

 

腰椎すべり症の治療方法 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では、腰椎すべり症の根本原因を旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院独自の検査方法によって鑑別をして症状の緩和や一時的な対処療法ではなく、機能と構造を正常にして症状が再発しにくい身体づくりを目指していきます。また、治療方法は関節調整を軸に患者様に合った施術方法を行い自宅でのストレッチ方法などもお伝えさせて頂きます。今まで整形外科やマッサージや他の接骨院に行かれて症状が良くならなかった方はぜひご来院ください。

まずはご相談だけでもお電話で頂ければ丁寧にお答えさせて頂きます。

一度、腰椎すべり症でお困りの方は、旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院にご相談ください。

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

スタッフブログ

    RSS Feed Widget
TOPへ戻る