旭区鶴ヶ峰で変形性腰椎症の治療なら | 実績上位のゆげ接骨院ー旭区鶴ヶ峰

どこに行っても改善しない遺体の根本治療。首、肩、腰の辛い痛み。膝、肘、手首など関節の痛みを改善!

変形性腰椎症

腰痛イラスト

  • 朝起きる時に腰が痛む
  • 足やお尻が痺れることがある
  • 腰が痛くて階段の昇り降りがしんどい
  • 腰がだるく、重いものを持ち上げられない
  • 変形性腰椎症と診断されたがどうして良いか分からない

変形性腰椎症とは 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

変形性腰椎症とは、加齢によって腰椎が変性しておこる病気のことです。

具体的には、椎骨を支えている椎間板が変形し、椎骨同士が擦れ合い摩耗したり、弾力性が低下することにより、骨の一部がこすれたり変形したりする状態のことを「骨棘」と呼びます。

この「骨棘」が椎間板や周囲の神経を傷つけたりすることで痛みが生じます。

また、加齢により靭帯が劣化したり、弾力性が無くなったりすることでも痛みが生じます。

これらの痛みが腰部で生じることを「変形性腰椎症」と言います。

 

変形性腰椎症の原因 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

変形性腰椎症の原因として、加齢による椎間板や靭帯の劣化が挙げられます。

変形性腰椎症は40代以降に多く見られる症状で、旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院にも多くの患者様が来院されます。

年齢を重ねるごとに、椎間板は劣化し、水分量が少なくなります。

水分量が少なくなることで、弾力性も失われ椎骨が変形し、椎体間の隙間が狭くなり、周囲の神経が刺激され痛みが生じます。

 

変形性腰椎症の症状として、腰が固まっている感じや鈍痛を引き起こし、朝起きるときや寝返り時、椅子から立ち上がる時などに腰に痛みを感じます。

 

変形性腰椎症を放っておくと、、、旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

変形性腰椎症は放置していても、自然と良くなることはありません。

それどころか治さないまま放置しておくと、慢性的な腰痛や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症といった重大な問題を引き起こす可能性があります。

そうならないためには、背骨の骨格を整えたり、バランスを良くし椎間板に負担をかけない身体づくりが重要です。

変形性腰椎症を根本的に改善するためにも、旭区の鶴ヶ峰のゆげ接骨院にご相談ください!

 

変形性腰椎症の施術方法 旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院

旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院では、変形性腰椎症の根本原因を旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院独自の検査方法によって鑑別をして症状の緩和や一時的な対処療法ではなく、機能と構造を正常にして症状が再発しにくい身体づくりを目指していきます。また、治療方法は関節調整を軸に患者様に合った施術方法を行い自宅でのストレッチ方法などもお伝えさせて頂きます。今まで整形外科やマッサージや他の接骨院に行かれて症状が良くならなかった方はぜひご来院ください。

まずはご相談だけでもお電話で頂ければ丁寧にお答えさせて頂きます。

一度、変形性腰椎症でお困りの方は、旭区鶴ヶ峰のゆげ接骨院にご相談ください。

 

お問合せはこちら

今すぐ!お問合せ・ご相談下さい!ゆげ接骨院。045-489-9710

スタッフブログ

    RSS Feed Widget
公式動画チャンネル
TOPへ戻る