カテゴリー別アーカイブ: 腰のお悩み情報

腰痛予防ストレッチ③〜もも前〜

腰のお悩み情報

こんにちは! 鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!! 以前の記事では腰痛予防のための 腸腰筋の筋肉のストレッチ方法をお伝えしました。 この腸腰筋は腰に大きく影響して 腰痛の原因になる事がとても多いです!! しかし腰痛の原因となるのは腸腰筋だけではありません。 本日は腰痛のもう一つの原因となる ももの前面にある筋肉 「大腿四頭筋」のストレッチ方法を お伝えしていきたいと思います! 大腿四頭筋が腰に与える影響!! 人間の背骨は24個の小さな骨が骨盤の上に積み重なるようにしてできています。 そして生理的湾曲と言って横から見るとS字型に湾曲を作っています。 これは重力からの床方向への負荷を分散させる役割を持っています。 この湾曲の角度が大きくなりすぎても少なくなりすぎても背骨にかかる力は増大してしまいます。 そして、この湾曲に大きく影響を及ぼすのが骨盤の位置と傾きです。 骨盤が後ろに倒れすぎると背骨はまっすぐの状態になり 逆に前に倒れると湾曲が増大してしまいます。 この湾曲の増大が腰への負担を増大いさせ痛みへとつながってしまうのです。 そしてこの骨盤を前に傾けてしまう筋肉は 骨盤の前方についている筋肉になります。 中でも大きく影響を与えるのが 大腿四頭筋 腸腰筋 という筋肉たちです。 これらの筋肉が短く固まって柔軟性を 失くしてしまうと骨盤を前に傾く方向に 引っ張ってしまいます。 ですので腰痛を予防していくためには「大腿四頭筋」という筋肉を理解して対策をとっていくことが非常に大切になります。 *腸腰筋のストレッチを知りたい方はこちらをクリック https://yuge-bone.com/youtu-yobou2/ 大腿四頭筋の働きと役割 大腿四頭筋 大腿四頭筋はもも前の筋肉です。 名前の通り4つの筋肉の総省の事をいいいます。 この筋肉は股関節の可動性と膝の可動性の 2つの関節に影響を与えます!! また大腿四頭筋は姿勢筋の一つとも知られていて 立っている姿勢の時に膝が曲がらないように支えてくれています。 さらに階段を降りるときやストップ動作の時に 体を支えてくれているのも大腿四頭筋になります。 非常に使われる頻度の高い筋肉になるので固まりやすいのも事実です。 また、先ほども言いましたが大腿四頭筋というのは骨盤の前側についています。 この大腿四頭筋が硬くなると骨盤を前に引っ張り骨盤の位置を前に、そして前に傾けてしまうのです。 この骨盤の前の傾きが「反り腰」を作り腰の痛みへとうながってしまうのです。 改善策 大腿四頭筋のストレッチ 大腿四頭筋をストレッチする方法はたくさんありますが 今回は一番簡単にできる方法をお伝えしていきます。 https://youtu.be/wxNlrbv8i04 ・大腿四頭筋のストレッチ パターン① 1、うつぶせになる 2、自分の手で足首を持つ 3、かかとがお尻につくように膝を曲げていく!! パターン② 1、伸ばしたい方の足を上にして横向きに寝る 2、下の脚の股関節と膝を少し曲げる 3、上側にある足首をつかんで膝を曲げながら 股関節も後ろに行くように引っ張る!! パターン①・②を行う時に もし自分の足首に手が届かない場合は タオルを自分の足にひっかけて同じように行いましょう!! <ストレッチのポイント> ・ストレッチの適切な時間は各ストレッチごとに20~30秒! ・息を止めずに深呼吸をしながら伸ばしてください! ・朝起きた時と夜寝る前の一日2回がベストのタイミングです!! まとめ 腰痛の一つの原因として股関節の前にある大腿四頭筋の硬さが考えられます。 なので大腿四頭筋のストレッチをして柔軟性を保つことで骨盤の位置を正常に戻すことができ、腰痛予防になるのです。 ただすべての腰痛の原因が大腿四頭筋のせいというわけではないので しっかりと評価して自分に合った予防法を行う事も大切になります。 --------------------------- 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ゆげ接骨院 / ホームページ 〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号 TEL/FAX 045-489-9710 <診療時間> 月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30 土   午前9:00~14:00(休憩なし) 日祝 休診 続きを読む

腰痛予防ストレッチ②〜足の付け根〜

腰のお悩み情報

こんにちは! 鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!! 以前の記事では腰痛予防のための お尻の筋肉のストレッチ方法をお伝えしました。 このお尻の筋肉は腰に大きく影響して 腰痛の原因になる事がとても多いです!! しかし腰痛の原因となるのはこの筋肉だけではありません。 本日は腰痛のもう一つの原因となる 股関節の前面にある筋肉 「腸腰筋」のストレッチ方法を お伝えしていきたいと思います! 腸腰筋が腰に与える影響!! 立ち上がったり、真っすぐ立つ姿勢というのは 股関節の動きや柔軟性があることで スムーズに行うことができます。 もし、この立ち上がるときに股関節の動きが悪くなっていると腰を反り上げるような動きで立ちあがろうとしてしまいます。 また、もし真っすぐ体を正そうとした時に股関節が伸びなければ腰を反ってしまいます。(反り腰) このように股関節の動きが悪くなっていると腰でその動きを庇うような動きになってしまい腰の痛いへとつながってしまうのです。 そして、この立ち上がる動作、真っ直ぐの姿勢を維持するのに大切になるのが 股関節の前側にある「腸腰筋」という筋肉になります。 ですので腰痛を予防していくためには「腸腰筋」という筋肉を理解して対策をとっていくことが非常に大切になります。 腸腰筋の働きと役割 腸腰筋 股関節の前方には腸腰筋(大腰筋・腸骨筋)という股関節の可動性に、 骨盤の安定性に大きくかかわってくる筋肉があります!! 主な働きとしては、足が固定されていない状態だと股関節を曲げる(足を上げる)が働きがあります。 逆に、足が地面などについて固定された状態で使われると骨盤を前傾(前に傾ける)する働きもあります。 また座っている時に筋肉は縮んだ状態になるので 長時間座っている事で柔軟性が失われてしまう事もあります。 腸腰筋は背骨から脚の骨までついている筋肉になるので、 この筋肉の問題というのは腰にも脚にも大きく関わってくるのです。 改善策 腸腰筋のストレッチ 腸腰筋をストレッチする方法はたくさんありますが 今回は一番簡単にできる方法をお伝えしていきます。 https://youtu.be/k40cgU31ycI 1、いすに腰掛ける 2、伸ばしたい方の足をあぐらをかくように椅子の上の乗っける 3、体を前に倒していく!! *まっすぐ倒すのがつらい時はあげていない方の 足の方向へ向かって体を倒し 物足らな時はあげている足の方向へ体を倒す! <ストレッチのポイント> ・ストレッチの適切な時間は各ストレッチごとに20~30秒! ・息を止めずに深呼吸をしながら伸ばしてください! ・朝起きた時と夜寝る前の一日2回がベストのタイミングです!! まとめ 腰痛の一つの原因として股関節の前にある腸腰筋の硬さが考えられます。 なので腸腰筋のストレッチをして柔軟性を保つ!! ただすべての腰痛の原因が腸腰筋のせいというわけではないので しっかりと評価して自分に合った予防法を行う事も大切になります。 --------------------------- 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ゆげ接骨院 / ホームページ 〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号 TEL/FAX 045-489-9710 <診療時間> 月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30 土   午前9:00~14:00(休憩なし) 日祝 休診 続きを読む

腰痛予防のストレッチ①(大殿筋)【鶴ヶ峰】

腰のお悩み情報

こんにちは! 鶴ヶ峰のゆげ接骨院です!! 腰の痛みを抱える人 今後腰痛になりそうで不安な人 いつぎっくり腰になるのかとても不安な人 人それぞれですが多くの人が何かしら腰の不安を抱えていると思います!! そこで本日は 「その腰の不安を解消していくための予防法①」 をお伝えしていきたいと思います!! お尻が腰に与える影響!! 前屈したり、腰を丸めるような動作では 骨盤も前へ傾くように動くことで腰だけでなく 股関節の可動性も使って前にかがむことが出きます!! しかし、もし体の後面の筋肉が硬いと骨盤は前に傾く事ができなくなり 腰が股関節の可動性の分まで曲げようと頑張ってしまいます。 その結果腰部に普通以上の負荷がかかり痛みにつながってしまいます。 そして、その体の後面の筋肉というのが お尻の筋肉である「大臀筋」「梨状筋」という筋肉になります。 ですので腰痛を予防していくためにはお尻の筋肉を理解して対策をとっていくことが非常に大切になります。 大臀筋の働きと役割 大臀筋 大殿筋は股関節の後面、お尻を覆っている大きな筋肉です!! この筋肉は非常に力が強い筋肉です。 さらに歩いたり、立ったりなど動作時は常に使われています。 そして、座っているときは体重を支えて椅子との間で圧迫されるような形になります。 日常生で常に使われているため固まりやすい筋肉という事です!! 凝り固まると骨盤が前に傾くのを阻害してしまいます! 改善策 この骨盤の前に傾く動きを出すためには 股関節の後面、 つまりお尻の筋肉の柔軟性がとても重要になります。 お尻の筋肉のストレッチを行いしっかりとした柔軟性を 保っている事で腰痛のリスクを減らす事ができます。 大殿筋のストレッチ お尻をストレッチする方法はたくさんありますが 今回は椅子を使って行うものと 床に寝て行うものの2パターンを紹介したいと思います! 1、椅子を使って行う https://youtu.be/7J-qETleBkg 1、いすに腰掛ける 2、伸ばしたい方の足をあぐらをかくように椅子の上の乗っける 3、体を前に倒していく!! *まっすぐ倒すのがつらい時はあげていない方の 足の方向へ向かって体を倒し 物足らな時はあげている足の方向へ体を倒す! 2、床を使って行う https://youtu.be/TJSgAckRk7A 1、仰向けになる 2、膝を曲げれるだけ曲げて自分の手で抱え込む 3、抱え込んだところから反対側の方に向かって抱え込む。 4、お尻に伸びていることを感じながらストレッチをしていきましょう。 *抱え込んで膝が痛い場合は自分のももうらをつかんで抱え込む! <ストレッチのポイント> ・ストレッチの適切な時間は各ストレッチごとに20~30秒! ・息を止めずに深呼吸をしながら伸ばしてください! ・朝起きた時と夜寝る前の一日2回がベストのタイミングです!! まとめ 腰痛の一つの原因としてお尻周りの硬さが考えられます。 なのでお尻のストレッチをして柔軟性を保つ!! ただすべての腰痛の原因がお尻の筋肉というわけではないので しっかりと評価して自分に合った予防法を行う事も大切になります。 --------------------------- 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ゆげ接骨院 / ホームページ 〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号 TEL/FAX 045-489-9710 <診療時間> 月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30 土   午前9:00~14:00(休憩なし) 日祝 休診 続きを読む

腰痛を引き起こす筋肉とは? 【旭区鶴ヶ峰】

腰のお悩み情報

こんにちは、 旭区鶴ヶ峰で腰痛の根本治療をしています、ゆげ接骨院です。 腰痛 と一言で行っても痛みを引き起こしてしまう原因は実に様々あります。 本日はその中でも筋肉と腰痛の関係について解説していきたいと思います。 腰痛を引き起こす筋肉も一つでなく、様々あり、人それぞれ関わってくる筋肉は変わってきます。 本日はその中の一つである、「腰方形筋」という筋肉について解説していきたいと思います。 腰方形筋とは? 腰方形筋は骨盤から腰椎(背骨)の側面と一番下の肋骨に付いている筋肉になります。 1 腰方形筋はどんな時に使われるのか? 左右の腰方形筋が同時に働いた場合は、腰を反らせる動作になります。 左右のどちらか一方だけが働いた場合は、腰を横に倒す動作になります。 また、この筋肉は「立っている姿勢」や「座っている姿勢」の時に体をまっすぐ安定させる役割も持っています。 2 腰方形筋が伸ばされる動き 逆にこの筋肉が伸ばされる動きというのは 体を前屈みにする。(前屈) 体を横に傾ける(側屈) 体を捻る(捻転) 腰痛と腰方形筋の関係 このように腰方形筋は体を反らせたり、横に傾けたり、前屈みになったりなど全ての動きに関わってきます。 また、姿勢を安定させるためにも非常に重要な役割を果たしています。 もし、腰方形筋の筋力が弱くなってしまったら、 腰方形筋の筋力が低下してしまうと体を反らせたり、横に傾けたりなどの動きがスムーズにできなくなってしまいます。 人間の体というのは腰方形筋だけでなく色々な筋肉がうまく連動して動くことでうまく、体に負担なく体を動かすことができます。 ですので、もし腰方形筋がうまく働かなくなると、他の筋肉や関節がその動きを庇って動こうとしてしまいます。 この庇ったの動きを続けることで腰の痛みへとつながってしまうのです。 もし、腰方形筋の柔軟性がなくなり硬くなってしまったら、、 また、筋力の低下だけでなく、筋肉の柔軟性がなくなり硬くなってしまうと、 本来は筋肉がうまく伸びていくことで前屈みや横に傾ける動きというのはスムーズに動くことができます。 ですので、柔軟性が低下すると本来動くべき範囲まで動けなくなってしまいます。 筋肉が硬くなって動ける可動域が狭くなったままで動き続けることで本来かからない負担が腰にもかかるようになり痛みへとつながってしまうのです。 このように腰方形筋というのは 腰の痛みを引き起こしてしまう 原因になりうるものになります。 逆を言うと 腰方形筋の筋力や柔軟性を しっかりと確保できれば 腰痛のリスクを一つ減らすことができると言うことです! 最後まで読んでいただきありがとうございました。 最後になりますがあなたの長年の腰の痛みを改善するためにはどの筋肉が、どの関節が悪くなってしまっているのかを明確にすることが改善への第一歩になります。 治すことを諦める前にしっかりと原因を探ってみてください。 ゆげ接骨院 / ホームページ 〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号 TEL/FAX 045-489-9710 <診療時間> 月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30 土   午前9:00~14:00 日・祝 休診 続きを読む

なぜ腰痛は起こるの!?~背骨の土台!!仙腸関節の重要性!!~【鶴ヶ峰】

腰のお悩み情報

こんにちは! 鶴ヶ峰のゆげ接骨院です! 最近、テレビや雑誌などで 仙腸関節が悪いから腰痛が起こってしまうと いったことをよく耳にすると思います。 その仙腸関節とは なぜそんなに重要なんでしょうか!? <仙腸関節とは!?> 仙腸関節とは骨盤の「仙骨」と「寛骨」 という骨と骨の間にある関節になります。 この関節は周りを靱帯などで 強く覆われているので ほとんど動きはありません!! 仙腸関節の動きは だいたい1~2ミリと言われています! しかし、その少しの動き(遊び)が クッションの役割をしてくれます。 それによって腰部にかかる負荷を 減らしているので 非常に重要な関節になります。 また、仙骨の上に重なるようにある背骨は緩やかなS字カーブを形成する事によってバネのように腰にかかる負荷を分散させています。 こうした背骨と仙腸関節が うまく連動することで、 体の重心やバランスを コントロールしています。 <仙腸関節の重要性> 仙腸関節に不具合が生じ、 正常に動かなくなると クッション機能が失われ背骨とのうまい 連動もできなくなってしまうので 逃げるはずの力を逃がす事ができなくなり 腰部は上半身からのすべての重みを 支えなければいけなくなります。 この腰部に対する負荷の増大により 腰に悪影響を与えてしまう 可能性があります。 腰への影響の例 ・腰椎ヘルニアなどの 腰椎の変性による腰痛 ・筋肉が固くなることで 体の要である骨盤周辺の血流の悪化 ・代謝の低下を招き、冷え、むくみ、肥満、生理痛、生理不順、 ・不妊、便秘など腰痛以外の不調が体に現れる事もあります。 一般的に仙腸関節の不具合の要因となると考えられているもの!! ・頻繁に前かがみや中腰の姿勢、または腰を反らす姿勢をとる ・座りっぱなしや立ちっぱなしなど、長時間同じ姿勢をとる ・スポーツや事故で腰に強い衝撃を受ける ・お尻が痛くなるくらい長時間自転車に乗る ・体育座りをする習慣がある ・出産時 など これらの要因で仙腸関節に問題が起きていると判断した場合は 関節の動き(遊び)がある正常な状態に戻して、 仙腸関節のクッション機能を取り戻すことが大切になります。 <まとめ> 背骨の土台である骨盤の中央を構成する仙腸関節が  動かなくなる事で腰部に大きな負担を掛け 腰の痛みにつながってしまう事も多くあります!! しかし、ここで注意してほしいのがすべての腰痛が仙腸関節だけが 原因起きているわけではないという点です!! しっかりと検査をして腰痛の原因をはっきりさせて 治療を行う事が最も重要になります!! 鶴ヶ峰のゆげ接骨院では検査を基にして根本改善をしていきます!! 腰の痛みでお悩みの方はゆげ接骨院までご相談ください! 最後まで読んでいただきありがとうございました! ------------------------------------ ゆげ接骨院 / ホームページ 〒241-0022 横浜市旭区鶴ヶ峰2-13-8鶴ビル103号 TEL/FAX 045-489-9710 <診療時間> 月~金 午前9:00~12:30 午後15:00~20:30 土   午前9:00~14:00(休憩なし) 日祝 休診 続きを読む